TOP > 介護求人・転職コラム > 老人ホーム調理師の仕事内容や給料は?美味しいご飯で人を幸せに

老人ホーム調理師の仕事内容や給料は?美味しいご飯で人を幸せに

このエントリーをはてなブックマークに追加
応募が殺到!老人ホーム調理師の仕事の魅力とは?

「料理をするのが好き。レストランや食堂で働くのも楽しいけれど、何か別の形で誰かの役に立てたなら…。」

そう考えているあなたにぜひオススメしたいものがあります。

それは「老人ホームでの調理の仕事」です。

老人ホームでの調理師の仕事ってどういう内容か?興味はあるけど詳しくは知らない方のために、ここでは老人ホームでの調理師の仕事内容や魅力とやりがい、注意点、実際に働く施設、年収、勤務形態、キャリアプランに至るまで総合的にご紹介していきます。

老人ホームの調理師ってなに?

老人ホームの調理師は、入居者や利用者に提供する食事の調理業務をします。

「調理師」という名称で働く場合は、調理師免許をもっていなければなりません。調理師免許は国家資格なので、一朝一夕で取れるものではないです。

しかし、「調理補助」や「調理スタッフ」として働く場合は、資格なしでも働くことが可能です。

「調理師」は国家資格!簡単には名乗れない

調理師は一般的に、レストランやホテル、料亭、老人ホームなどの施設で料理を作り提供する人のことを指します。

レストランではシェフと呼ばれ、日本料理屋では板前などと呼ばれ場所によって呼称が変わります。世間一般的に料理の仕事に就く人は多いです。その中でも、「調理師」と名乗れるのは調理師国家試験に合格した人のみを指しています。

調理師は、持っている専門技術を生かしてお客さんや施設の利用者に喜ばれる料理を作ります。もちろん、食材の仕入れや新しいメニューの開発もします。

それだけでなく、清潔な環境を保つ衛生面の管理など、調理に関するあらゆる仕事を行っています。

働く施設はどんな感じ?職場についても知っておこう

調理師求人は老人ホームや病院などの24時間体制の職場から、デイサービスでも行われています。

介護の調理師求人は、食事提供している所全て

調理師が働くことのできる介護施設は、食事提供しているところならば全般です。

従って、勤務地や給料、雰囲気など自分に合う条件の職場を見つけることが重要です。

大きく分けて介護施設には3種類あります。

  • 要介護状態の高齢者
  • 自立している比較的元気な高齢者
  • 自立している高齢者から要介護状態の高齢者

要介護状態の高齢者は、有料老人ホーム、特別養護老人ホーム、病院。

自立している高齢者は介護老人保健施設、ケアハウス、サービス付き高齢者向け住宅、ショートステイ。

上記どちらも該当の高齢者はデイケア、デイサービスを利用します。

自分の条件に合う職場を見つけましょう。

老人ホームの調理師の仕事内容とは?

先ほどお話したように、一般的に調理師と名乗るためには国家資格である調理師免許が必要になります。

調理師の老人ホームでのお仕事はもちろん食事

老人ホームなど介護施設の調理師の場合は、老人ホームの入居者や利用者に提供される下記の食事の調理全般の業務を行います。

  • 調理
  • 配膳
  • メニュー考案
  • 食材管理(発注、買い出し)

調理に関しては、入居者に合わせた調理法が必要です。

もちろん全てを手作り料理で徹底している施設もあれば、レトルト食品やチルド食品を温めて盛り付けるだけで提供する施設もあり、さまざまなスタイルがあります。

老人ホームならではの食事への加工もあり!

アレルギーなども個人向けのサービスの一部となります。しかし、個人に合わせるのは、アレルギーのような一般的なものだけではありません。

相手が老人の為、人によっては口や喉の機能が弱っている方もいらっしゃいます。そのため、食事を咀嚼しやすいようにしたり、飲み込みやすいように加工する必要があるのです。

調理師には調理以外のお仕事もある

老人ホームの調理師として働いている場合でも、空き時間は清掃業務などを任されるケースもあります。これも施設によって差があります。

従って調理業務のみに集中したい場合は、応募前・就業前に必ず確認するようにしましょう。

老人ホームなど介護施設における調理師の配置基準としては、施設の規模に応じて相当数を配置する決まりがあります。ですから、老人ホームでは調理師の需要が常に一定数あります。

老人ホームで調理師をするメリット

仕事をするのならなるべくプラスな事が多い方がいいですよね!そこでレストランでは得られない、老人ホームで調理師をすることのメリットをいくついか挙げたいと思います!

他ではつけられないスキルが身につく

老人ホームの調理師は他では滅多に体験できないこともできます。

そのため、一般的な調理師が持たないスキルを身につけることができます!

具体的には、個人に合わせた調理のスキル、そして、タイムマネジメント能力です。

個人に合わせた調理のスキル、タイムマネジメント能力

一人ひとりに合わせて調理方法を変えることはレストランではあまりありません。また、お相手がみなご年配の方です。健康面にもかなりの配慮が必要になっていきます。

また、老人ホームでの食事は時間が決まっています。必ず決まった時間に間に合わせないといけません。

調理・時間とかなりの配慮が必要なため、ここが特に大変なところです。そして、スキルが身につく部分でもあります。

残業が少ない

老人ホームでは、その日に全ての調理を行うことが決められています。また、働く場合は基本的にシフト制です。

そのため、時間外での仕込みの準備などがありません。当然、休日出勤・残業などがほとんどないことになります。

プライベートの時間も確保しながら仕事をすることができます!

老人ホームの調理師がおすすめの人

ブランクありの方

しばらく調理の仕事をしていなかったけどまた復帰したいな、と考えている方におすすめです!

調理師の免許があればブランクや年齢を問わず募集をかけている所が多いため老人ホームは復帰しやすい場所となっています。

またそういった方も多いので、馴染みやすい環境です!

働きながら調理師免許を取ろうと思っている方

調理師免許をとろうとお考えの方にもとてもおすすめなのが老人ホーム。というのも、調理師免許を取るための2年間の実務経験にも、当然唐人ホームでの勤務期間が入るからです。

老人ホームは他のレストランなどよりも残業や休日出勤が少ない傾向にあります。自分の時間を守りながら、調理師免許を取ることができますよ。

主婦(夫)の方にもおすすめ

「時間があまりないからフルタイムは難しい……。けど何か仕事がしたい」

そんな方にもおすすめです!老人ホームの調理スタッフは、未経験でも時短でも募集している所が多いです。また、普段することの多いであろう料理体験もそのまま役立てることができますよ。

調理師のやりがいって?

老人ホームで働く調理師は高齢者を食事の面から支えています。

調理師は感謝と笑顔にやりがいを感じる!

老人ホームでの調理師の魅力は、自分の作った料理が美味しいと喜ばれたり、自分の料理で人の笑顔が見れたり、直接感謝の言葉をかけられた時です。

さらに新しく考えて開発したメニューが美味しいと評判だったりした時にも、やりがいや充実感を感じられるでしょう。

一方で、入居者に合わせて調理するので、ひとりひとりの状況を性悪に把握する必要があります。何か間違いを犯してしまうと、命にも関わるので責任は重大です。

責任が重い分、やりがいも大きくなりますね。

老人ホームの調理師として働く時の注意点

注意点として挙げられるのは、イメージとのギャップが激しいということです。

普通のレストランなどは異なることが多いのでイメージがつきにくいのもあり頷けます。

また、施設によっては、掃除なども任されてしまうこともあります……。

自分が作りたい料理じゃない!というギャップもある

老人ホームでのご飯で、どんなものが出てくるのかご存知でしょうか?

お年寄りの健康面に配慮して、ミキサー食・刻み食・とろみ食・ゼリー食・ソフト食・水分補給食という分類に分けられて調理されています。

名前を見れば一目瞭然ですが、その料理のほとんどが見た目の原型を留めていません。

「こんな料理つくりたくない!」と思ってしまう人もいるようです。

事前の確認を徹底して!

せっかく決まった職場で長く働くためにも、しっかり事前確認をしましょう。

まずは、自分が求めている条件をより明確にすること。何なら耐えられて、何なら耐えられないか決めておきましょう。

次に、面接で勤務内容をしっかりと確認すること。あらかじめ職場見学をさせてもらえるとギャップも減ります

しっかり事前確認をすることで、より良い職場を選べますよ!

料理は改善されつつある!利用者の笑顔の為にも求められる調理師

最近では見た目もよいままで食べることができるよう改良されつづけています。改善による喜びの声も上がっています!しかし、まだまだ料理の改善を実行できる場所が少ないのが現状です。

健康に配慮するのも大事なこと。しかし、やっぱり食事は美味しく食べられることも大切。調理師は両方を可能にする力があり、大いに求められています。

調理師は手の管理に要注意

働く上で大事な注意点としては、調理師の仕事は水仕事なので、手荒れ対策が必要なことでしょうか。

放っておくと手がひび割れて血が吹き出してしまいます。仕事が終わったらハンドクリームと手袋でしっかりと保湿とケアをして、自分の手を大切に扱って下さい。

衛生面では、手洗いに気を使って下さい。手洗い消毒の徹底をして、絶対に食中毒を防ぐ必要があります。

食中毒になると、自己責任を超えて大きな問題に発展する取り返しのつかない事になりかねないので、衛生管理は一番気をつけて欲しいところです。

あと、調理は一人ではなくチームで行いますので、良好な人間関係を築くためにも最低限のマナーをしっかり身につけていることが大切です。

気になる介護施設での調理師の年収と勤務形態

介護施設での調理師の応募は正社員とアルバイト・パートに分かれます。

調理師の年収

  • 正社員の場合

年収は約300万円前後。国家資格を持たない調理員より優遇されます。保険、賞与など各種手当がもちろんつきます。

  • アルバイト・パートの場合

調理師はアルバイト・パートの募集が多いです。時給は1000円前後ですが正社員と違って残業もなく柔軟に対応してくれます。

調理師に夜勤はない

調理師の勤務時間は早番・日勤・遅番の3交代制がほとんどです。

遅番と言っても20時には業務終了するところがほとんどなので夜勤の心配はありません。

シフト制で週休2日制の職場が多いので、介護の他の職種より体力的に楽に働くことができます。

老人ホームの調理師になる方法・キャリアアップ

老人ホームの調理師のなり方

老人ホームの調理師の求人数は少ないのが一般的ですが、新しい施設のオープニングスタッフとして呼ばれたり、欠員求人が不定期に行われています。

求人情報は、ハローワークやフリーペーパーなどに掲載されています。毎週のようにチェックすると、求人を見つけられる確率は上がります

ホワイトな条件での求人には凄い数の応募者が殺到しますので、こまめに探す努力が必要です。

とはいえ一人ですべてをカバーするのは難しいので、一番オススメできるが転職エージェントを利用する方法です。

転職エージェントを利用することで、いろいろな相談やアドバイスを受けることでき、人気すぎて市場に出回らない非公開求人が見つかることもあります。

老人ホーム調理師のキャリアプランは?

老人ホームで調理免許を持たずに調理師ではなく調理員として働いている場合。

老人ホームなど介護施設の調理員として2年以上の実務経験を積んで、その後に調理師免許を受け、晴れて調理となるキャリアアップが望めます。

資格を取ってキャリアアップすることで仕事の幅が広がり、資格手当てが貰えて金銭面でより条件が上がったりします。そして転職をする際にも、調理免許の所有者は重宝され、役に立ちます。

また、老人ホームで調理師として働いている場合のスキルアップとしては、実績と経験を重ねて、全体のマネジメント業務を任されるようになれば、さらに条件が良くなる可能性があります。

最後に

老人ホームでの食事というのは利用者にとって特別なこと。楽しみとして待っている方が沢山いらっしゃいます。

そして、作る側も自分達が作ったご飯を美味しいと言って召し上がっている方たちの顔や反応を直に感じることができます。とてもやりがいを感じる仕事として働いている方も大勢いるんです。

介護食はまだまだ発展させられる部分が多い分野です。

老人ホームでのご飯がより美味しく良いものとなる。そうすれば、利用者が喜ぶ顔を今よりももっと沢山見ることができます!

ぜひあなたの力で多くの人を笑顔にしてみませんか?

老人ホームの求人は、カイゴジョブというサイトで調べることが出来ますよ。

関連する他の記事

イリーゼで働こう!仕事内容から評判まで徹底解析
イリーゼには、入居者の介護をする介護士からケアプランの作成と実行を支援するケアマネージャーまで、あ…
介護施設長とはどんな仕事?概要をご紹介!
現在日本は、少子高齢化の先進国です。高齢者は増え続け、それに伴い介護施設も増え続けています。施設長…
介護求人は群馬ではどんな感じ?給与情報や離職率など
この記事では、群馬県平均年収から、介護職の平均給与についてなど、群馬県の介護求人にフォーカスしてい…
医心館の仕事内容や年収は?施設の特徴を徹底解説
医心館は、ターミナルケアを行う介護施設です。入居者の体、心、生活のケアが介護スタッフの主な業務とな…
ページ上部に戻る