TOP > 介護転職のコツ > 介護職が転職エージェントを使うべき理由とは

介護職が転職エージェントを使うべき理由とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
転職エージェントをつかう介護職の女性

介護職は、個人の力量というより、職場の待遇が厚いかどうかによって手当や勤務環境が大きく違います。そのため、職探しは他の業界と比べても一段と慎重に行わざるを得ません。

しかし、介護の現場など、実際に働いてみなければ現状が分からないのが普通です。その不安を解決してくれるのが転職エージェントだと言えます。

彼らは一般的に求職者に紹介した案件の内情をつかんでいることが多いですし、他の多くの介護職の転職活動を手伝ってきたという経験もあります。

では、具体的に彼らはどんな仕事をするのか、それがあなたにとってどんなメリットがあるのか、逆にデメリットは何なのかということを詳しく説明していきます。

介護職が転職エージェントから受けられるサービスとは

介護の転職者は、介護の仕事に精通していても、「職を変える」ということ自体に対しては初心者の方が圧倒的に多いです。エージェント会社では、初心者のかたのバックアップをするサービスを提供しています。

面接日程の調節

まずは、面接日程の調整をやってくれます。実は、仕事を変えるのはスピード勝負である面もあります。なぜなら、求職者の多くがまだ介護の現職についているのでなかなかアポを取る時間がなく、一方で人気の案件はすぐに応募が埋まってしまうからです。

面倒なやり取りを肩代わりしてくれるのは、こちらからしたら楽でいいですよね。

面接準備の手伝いをしてくれる

その他に、より企業に向けた自己アピールができるように、職務経歴書の添削や面接対策もしてくれます。

面接の担当者がどのようなことを重視しているか事前に知っておき、それに基づいて対策ができる。

それは、学生で例えれば普通なら自力でがんばらなければならない受験を、塾で勉強を終わらせてから受験に臨めるようなものです。

利用者が少ないので、使っているのと使っていないのでは大きな差が出ます。

良いアドバイザーであれば、自分の不安を相談し、適切なアドバイスをもらうことができるというのも魅力的なところです。

転職エージェントを利用するメリット

介護の仕事案件の膨大な情報と自分の間に人が1人入って仲介してくれることは多くのメリットをもたらします。

質の高い求人を紹介してもらえる

まず、その転職エージェントしか所有していない介護の非公開求人を見ることができるということです。

基本的には、公開された求人よりも非公開介護求人の方が質は高く、新しい介護の職場を探すにはうってつけです。

また、求人のマッチングを行ってくれるのもいいところです。

求職者の経歴や希望に応じて、100分の1ほどまで介護の案件数を減らしてくれます。

こちらも選びやすいし、一つ一つの案件をじっくり吟味することができます。

自分のレベルにあった転職先がみつかる

業界ごとの転職市場の動きや相場を知れるのも非常に重要です。

採用してもらえる可能性の高い案件に応募するのは、転職の手間を省きます。

こちらのストレスと時間をかけずにすんなり職を変えられるのは非常にいいですよね。

その他にも、キャリアについて相談したり、不採用理由が聞けたり、年収交渉ができたり、これからの人生に大きくかかわるサービスが数多く用意されています。

転職エージェントを利用するデメリット

デメリットとしては、簡単に言ってしまえば、だめな担当者に当たる可能性があるということです。

いくらサービスの質を上げると言っても、人間と人間のコミュニケーションの上に立っているサービスなので、アドバイザーによって仕事の質は様々です。

良くない担当者に当たってしまうと、思ったようには転職ができない可能性が高まってしまいます。

介護職転職の成功のために転職エージェントを利用しているのにそんなことになったら悲しいですよね。

具体的には「仕事が遅く介護の人気案件の応募締め切りに間に合わなかった」「担当者の得意分野に情報が偏って、かえって自分の選択の幅を狭めてしまった」などがあります。

エージェントによって情報の質にムラがある

情報が不確かである場合もおおいにあります。これは新人に限った話ではなくベテランにも起こりうることで、ベテランの場合は昔の介護の知識で仕事を続けている方もいるでしょうね。

インターネットに乗っている情報より信憑性が高いのがこのサービスの特徴ではあるのですが、それでもムラがあるということが、弱点であり課題と言えるのではないでしょうか。

サービスをどうやって最大限に活用するか

では、どうやってデメリットを最小に抑えればいいのでしょうか?その答えは次の通りです。

このサービスには大きく分けて2種類あり、一つが大手総合型でもう一つが専門特化型です。

大手総合型とは、DODAやリクルートエージェントのように、様々な業界の求人案件を数多く取り扱っているところです。求職者側からしてみれば、選択肢が多く、サービスの質も安定しており実績があるので、ある程度安心して身を任せられるところだと言っていいでしょう。

専門特化型は、特定の業界にターゲットを絞っており、介護の分野に特化した深い知識を持っているアドバイザーが多いのが魅力です。企業とのパイプも広いので、案件一件一件が厳選されたものである可能性は高いです。

また、業界のキャリアパスにも詳しいため、長期的なキャリアアップを見据えたアドバイスをもらいやすい、ということも大きなメリットですね。

介護職が転職エージェントを存分に活用するには、大手と特化型どちらもそれぞれ2社ほど登録しておくことです。上で述べたように、アドバイザー個人の質の際があるので、何社かに登録して比較することが、成功のカギになるのです。

関連する他の記事

介護派遣で大手総合サイトより専門サイトがおすすめな理由
介護業界では正社員より派遣の方が時給が高いという逆転現象が起きている中、介護派遣の優良求人を探して…
介護事務の求人状況と求人の特徴を分析!
介護職員だけでなく介護事務員も不足しているのでしょうか。介護職員として働くよりも介護事務員として働…
60代で介護職に転職する際のポイント
60代で定年退職を迎えたけれど、なにか他の仕事についてまだ働きたいという人もいるでしょう。そこで、需…
介護職の面接辞退したい時はどうすればいい?
転職活動や就職活動をしているときに複数の会社に応募するのは 当たり前ですよね。でももう会社に内定を…
ページ上部に戻る