TOP > 介護求人・転職コラム > 介護職って日曜日休みの求人ってある?休める施設と人気情報

介護職って日曜日休みの求人ってある?休める施設と人気情報

このエントリーをはてなブックマークに追加
介護求人で日曜日休みのものを見つけたイメージ

介護職に勤めている人で、ちゃんと休みがほしいと考えている人もいるのではないでしょうか。

世間的に土日休みの職業が多いので、休みは友だちと過ごしたいなどとプライベートも充実させたいと考えている人も多いと思います。

土日休みはなかなか厳しくても、日曜日休みは意外とあるものです。

今回は、日曜日休みをいただける介護職の求人についてまとめてみました。

介護職で日曜日休みの求人ってある?

一般的に介護職はシフト制(交代制)です。土日休みの職場は、他の業種・職種よりも少ないでしょう。

介護施設を利用する高齢者の方は、日常生活のあらゆる行為に補助を求めています。例えば、起床から食事、風呂、排泄などがあります。

常に補助が必要となるため、介護する人が不在になってしまう時間ができてはいけません。そのため、介護職として働く場合は、土日休みの職場が少なくなってしまうのです。

特別養護老人ホームや老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅などの高齢者が利用するようなところは、時間や曜日に関係なく出勤することが求められますので、基本的に土日出勤です。

土日やすみの職場は存在する!例も紹介

介護職であっても、施設やサービス形態などによって、土日休みまたは日曜日休みの仕事はあります。

子どもがいる方や土日休みの友だちを持つ方にとっては、土日に休みがいただけるのは嬉しいものですよね。

どんな施設なら土日休みの可能性が高いかというと、「高齢者が施設に24時間いない」ところです。施設自体にお休みがあったり、終了時間がある場合、土日、日曜日休みの求人が多いです。

土日休みの施設例①:デイサービス

土日休み・日曜休みの代表的な施設例としては、デイサービスがあります。

もちろん土日もやっているところもありますが、土日、日曜日休みのものは非常に多いです。特に、最近主流になりつつある半日型のデイサービスのほとんどは土日休みになっています。

また、デイサービスは利用者の利用時間が決まっているので、残業なども少ないです。自分の時間をつくりたいという方には向いていますよ!

デイサービスと似ているデイケアも、同じく土日休み、残業なし(少なめ)の求人が多いようです。

土日休みの施設例②:訪問介護

土日休みの求人が多い、代表的なサービスのもう一つは訪問介護です。

訪問介護は、利用者の自宅にうかがって、掃除や調理などの生活の補助や身体介護を行うサービスです。

土日の場合は営業している事業所も減っています。土日の場合は利用者のご家族が家にいる場合も多く、家族での介護もある程度可能になることで、土日休みの事業所が多いんです。

訪問入浴というサービスも同じく、土日休みにしている求人は多いです。

日曜日休みの介護職の求人は人気?

もちろん、日曜日休みの介護職の求人はとっても人気です。

毎週日曜日が休みであることで、休日の予定も立てやすく、友人や家族と過ごす時間をつくりやすくなることが一番の人気の理由です。

仕事はもちろん、プライベートも充実させたい人にとっては、土日が休みであることは第一条件となるでしょう。休日出勤の恐れがないのでストレスも少なく、離職率が高い介護職の中でも恵まれている職場なのではないでしょうか。

日曜日休みの施設求人は人気!急いで応募の必要あり

介護業界全体として人手不足なので、「土日休み」「日曜日休み」を掲げている介護施設の求人も増加しています。

夜勤がある仕事やシフト制の仕事と比べると、給与がやや低いくらいのデメリットしか考えられません。

日曜日休みのデメリットと考えられるものが少ないのも、人気である理由のひとつです。

週末はできるだけ休みたい人、プライベートを充実させたい人、ワークライフバランスをとりたい人、メリハリがある生活を送りたい人にとっては特に人気の求人でしょう。

土日休みの求人が見つかりやすい「きらケア求人」はこちら

日曜日休みの求人を選ぶときの注意点

デイサービスや訪問介護は土日休みにしている求人が多いと紹介しました。

ここでは、そのような条件の求人を選ぶときのポイントについて言いたいと思います。

土日休みを継続する就職先か確認を

求人を出している時は土日休み、日曜日休みでも、会社の方針の変更によって、土日も営業に変更する場合があります。

赤字にならないためにも、施設としては、少しでも利用者を増やしたいもの。土日を開けて営業するようにすれば、集客率も上がると考えて、土日も運営しようと考える施設も少なくありません。

法改正がある度に介護保険料が下げられているので、ある程度は仕方がないことでしょう。

実際に、最近では、デイサービスや訪問介護が土日営業するところも徐々に増えてきています。

面接時に「土日休み希望」を伝えよう

面接のときには、日曜日入りたくない旨を伝えるようにしましょう。

前もって伝えておかないと、転職後にこんなはずじゃなかったとなる場合があるかもしれません。

また、各地域に施設がある場合、異動で土日営業の施設に飛ばされる可能性もあります。絶対に土日休みが希望の場合、やはり前もって伝えておくほうが無難でしょう。

スキルアップを目指すなら土日も働ける環境を選ぶ

時期的に土日休みが良いが、少し立ったら土日休みじゃなくてもOK!という場合も存在しますよね。

たとえば、「今は子育てで日曜日は休みたい」「親の介護で休ませて欲しい」といった場合。この場合、ある程度の区切りがついて落ち着いたら、土日も働けるようになることもあります。

だいたいいつぐらいになれば日曜日も働けるようになるのか、自分で区切りを考えて、その旨を伝えておくようにしましょう。

やはり、介護は人を相手にしているので土日営業しているところがとても多いです。

今後も介護職に勤めようと考えている人、介護のスキルアップを目指したい人などは、土日も働ける環境を選んだほうが、転職時も有利です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

夜勤があって、休みがなかなか取りにくいというイメージの介護職でも、日曜日休みの求人は意外とあります。

しかし、そういった条件の求人は、やはり人気です。

上で紹介したポイントをヒントに見てみましょう。

日曜日休みだと、仕事もプライベートも充実しやすいでしょう。

ぜひ自分に合った施設を見つけて転職成功できるように頑張ってください。

関連する他の記事

人間関係の悪い介護現場に行かないようにするためには
介護職の方が職場を辞める大きな理由として人間関係の悩みがあります。転職したら良い関係の職場で働きた…
カイゴジョブから電話連絡ってくるの?メールに関しても丁寧に解説!口コミ・評判を調査した結果しつこいのか
カイゴジョブの電話はしつこいという評判がまことしやかにささやかれています。実際どうなのか、どうした…
きらケア介護求人のヘルパー・介護職の掲載情報はどう?
今回はきらケア介護求人のなかでも一番の掲載数を誇るヘルパー・介護職の公開情報を見ていきます…
介護職の病院での業務は?施設との違いやメリットデメリット
介護職として病院で働くべきか、それとも施設で働くべきなのかについてそれぞれのメリット、デメリットを…
ページ上部に戻る