TOP > 介護求人・転職コラム > 未経験から介護福祉士を目指す3つの方法を紹介

未経験から介護福祉士を目指す3つの方法を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
納得する女性

介護福祉士という職業は介護業界のなかでもよく耳にする職業の1つですよね。

介護福祉士は介護業界のなかでは資格が必要とされる職業に分類されます。資格取得の難易度も比較的高い職業です。

そこで今回は介護福祉士に興味を持っている・介護福祉士を目指したいという方のために、未経験の状態から介護福祉士になるにはどのような段階を踏めばいいのかを説明していきます。

介護福祉士は介護職で唯一の国家資格

まず介護福祉士とはどのような職業なのかを解説します。


介護福祉士資格は福祉の三大国家資格である社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士のうちのひとつ、介護職における唯一の国家資格です。

介護福祉士の主な仕事内容は一般的な介護職と同じです。自分の力だけでは生活することが出来ないような身体が不自由な高齢者や障害者などに対して、身体介護や生活援助といった介護サービスを提供します。

さらに介護福祉士の場合は、被介護者の状態によって介護・援助行動を臨機応変に変えていく能力が求められたり、他の職種との連帯を測るために幅広い知識、技術を習得することが求められています。

介護福祉士は介護職のなかでも特に、専門的な能力を有する職業とされているのです。 そのため、介護福祉士になるには多くの知識や技術を身に着けなければなりません。

未経験から介護福祉士受験資格を得るための3つの方法

介護福祉士は介護職唯一の国家資格であり、専門的な知識や能力が求められます。

そんな介護福祉士になるにはどのような段階を踏めばいいのでしょうか。ここでは未経験から介護福祉士になるための3つの方法を紹介します。

実務経験による資格取得

まず一つ目は実務経験によって受験して資格を取得するという方法です。

介護施設で働いた後に介護福祉士の国家試験を受験するという方法で、最も一般的な資格取得方法とされています。

「実務経験を3年以上有しているということ。すなわち、介護等の業務に従業した期間が3年以上、かつ従業した日数が540日以上であること」が国家試験受験の条件となります。

しかしこの方法で介護福祉士になるには、実務経験に加えて、介護職員実務者研修講座を修了していることが求められます。

ですので、まずは実務者研修講座を実施している学校やスクールに通わなければなりません。その後介護施設で働き実務経験を積むという流れが最もスムーズでしょう。

実務経験で資格取得を目指すメリットとしては、実際に介護現場で働きながら資格取得を目指せること、他の方法より費用面で安く資格を取得できることがあげられます。実務経験を積んでいると就職後にさまざまな場面で役立ちます。

福祉系高校による資格取得

国内には福祉系高校というものが存在します。福祉系高校とは介護や福祉関係の知識、技術の取得に特化した高校です。

介護福祉士の国家試験の受験資格を得るためには、定められた必要な科目、単位を取得することが必要です。

入学の段階においては、介護に関する知識や経験といったものは必要がなく、未経験であっても問題がありません。気持ちだけあれば大丈夫です。

メリットとしては、ゼロからのスタートであっても介護に関する知識や技術を丁寧に教育してくれてサポートしてくれることがあげられます。

養成施設による資格取得

国によって指定された養成施設を卒業すれば介護福祉士の受験資格を取得することが出来ます。

最短で1年、介護関連の学校を出ていない場合でも2年で卒業でき、受験資格を取得できます。

こちらの方法も先程の福祉系高校と同じように入学時には意気込みだけあれば問題ありません。

メリットとしてはなんといっても、比較的短期間で受験資格を得ることができる点です。実務経験による資格取得方法だと最短でも3年はかかるので、1年で卒業できる養成施設は時間面を気にしている方にはぴったりだと思います。

受験資格取得後の流れを紹介!基本的には筆記試験のみ

介護福祉士の国家試験の受験資格取得方法は、実務経験・福祉系高校・養成施設の3種類あることがわかりました。介護福祉士の国家試験は誰でも受けられるというものではなく、決められたルートを辿って受験資格を得る必要があるのです。

受験資格を得た後の流れも、どのようなルートで受験資格を取得したかによって変わります。ここでは各ルートでの受験資格取得後の流れを解説します。

実務経験ルート

実務経験ルートで受験資格を得た場合は、実技試験は免除され、筆記試験のみとなります。

しかし前述したように、実務経験のみでは受験できません。実務者研修を修了するか、介護職員基礎研修・喀痰吸引等研修を修了するかのどちらかが必要ですので、注意しましょう。

福祉系高校ルート

福祉系高校ルートでは、入学年度によって実技試験が免除されるかどうかが変わります。

平成21年度以降に入学した方は一律で実技試験が免除されます。

しかし平成20年度以前に福祉系高校に入学し卒業した方が実技試験を免除するには「介護実技講習」を修了する必要があります。

また、特例高等学校に入学した場合は、卒業後に9ヶ月以上実務経験を積むことで受験資格が得られるのですが、その場合も実技試験を免除さる場合には上記のように介護実技講習を修了することが必要です。

入学年度やカリキュラムによって流れが異なるので、しっかり確認しましょう。

養成施設ルート

養成施設ルートの場合も一律で実技試験が免除されます。

平成33年度末までに養成施設を卒業する場合、卒業後5年間は国家試験を受験しなくても、合格しなくても、介護福祉士になることができます。

また、この5年間に国家試験に合格するか、5年間続けて介護等の業務に従事すれば、5年経過後も介護福祉士の登録をすることができます。

平成34年度以降に卒業する場合は国家試験受験が必須となるので注意しましょう。

かいご畑なら無料で資格取得が目指せる!

ここまで未経験から介護福祉士になるための方法を紹介してきました。

比較的取得が困難と言われている介護福祉士ですが、これほど多くの取得方法があるので、自分に合った方法を見つけることができれば十分に資格取得を目指せます。

なかには派遣会社や求人会社に登録することで資格取得のサポートを受けれる場合もあります。

特に、かいご畑では介護資格が実質0円で取得できる「キャリアアップ制度」というものがあります。かいご畑は介護教室も運営している会社なので、このようなサポートが非常に厚いです。

↓の画像のクリックにより詳細を知ることができるので、ぜひ参考にしてみてください!

かいご畑

関連する他の記事

介護職が転職エージェントを使うべき理由とは
様々なメディアで紹介されている転職エージェント、漠然と役に立ってくれそうという理解はあっても、具体…
かいご畑で取得できる資格について解説
求人エージェントのかいご畑では、無料で資格が取れちゃうんです。介護士として働くなら、持っておいたほ…
介護職の無資格者と有資格者の違い
介護職に就くには必ず資格を持っていなければならないと考えられがちですが、実際には資格がなくても介護…
介護福祉士の試験って難しい?おすすめの講座とその内容
介護福祉士は、介護に関する専門的な豊富な知識を活用して介護をしていく仕事です。国家資格を取得するた…
ページ上部に戻る