TOP > 介護求人・転職コラム > 理学療法士(PT)ってなに?どんな仕事?

理学療法士(PT)ってなに?どんな仕事?

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事では、理学療法士(PT)のしごとについて説明します。

PTってどんな仕事なんだろう?どんなところで働くの?どんな資格が必要なの?などなど細かい部分まで説明していきますよ。

理学療法士(PT)ってそもそもなに?

理学療法士とは、以下のような仕事をする人を指します。

理学療法士:物理的手段(運動/温熱/電気/水/光線など)で運動機能の維持・改善を目指す職業

運動機能の維持・改善を目指す行動は、一般的に「リハビリ」と呼ばれます。

理学療法士の直接的な仕事は、「リハビリ」です。しかし、大きな目的は「リハビリ」そのものではなく、「日常生活動作の改善→生活の質の向上」です。

運動機能の低下により暮らしづらくなっている人たちが、少しでも自分らしく暮らせるように応援する仕事なのです。

理学療法の法律上の定義

「理学療法士及び作業療法士法」では以下のように定義されています。

身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行なわせ、及び電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えることをいう

「理学療法士及び作業療法士法」第2条

仕事内容:運動だけじゃない物理的手段で治療をする

「リハビリ」と聞くと、ストレッチや歩行訓練など、運動をベースにしたものを想像する方が多いと思います。

しかし、理学療法士が行うのは「運動」だけではありません。運動ベースのリハビリも行うには行うのですが、その他の方法も複合して治療を行っていきます。

例えば、特別な機器を用いて適切な部位を温める、電気を流す、光線を当てる、などがあります。

この様々な手法を用いて、運動機能の改善・維持を測る、専門性の高い仕事なんです。

対象:基本的な運動機能が低下している人

「寝返り・起き上がる・座る・立ち上がる・歩く」などの基本的な行動に痛みが伴う人などが、理学療法士の治療対象です。

これらの不自由では、トイレに一人で行けない、着替えができない、食事ができない、外出ができなくなる、などの不便が生まれます。

それを避け、生活の質を上げるのが、理学療法士の仕事になります。

基本的には運動機能が低下した人が対象ですが、原因は問いません。病気・怪我はもちろん、高齢・手術などの体力の低下なども含みます。

障害をもつ人たちだけでなく、健康的な人にもサービスを行う

最近では、高齢者の介護予防や、メタボ予防、スポーツ分野のパフォーマンス向上などにも処置を行う場合があります。

障害をもつ人たちだけでなく、健康的な人にも、対象が広がっているんです。

そのほか、運動や動作の専門性を活かして、福祉用具の相談やリフォームの相談にのることもあります。

具体的に対象になる例

具体的には、以下のような以下のような場合が対象になります。

  • 中枢神経疾患

    脳卒中/脊髄損傷/脳外傷/中枢神経の変性疾患/腫瘍/脳血管異常/脳炎/小児発達障害など

  • 整形外科疾患(運動器障害)

    骨折/腰・頸部痛/肩関節周囲炎/退行変性疾患/ヘルニア/靭帯損傷/変形性関節症/四肢の切断/運動器由来の疼痛など

  • 呼吸器疾患

    慢性閉塞性肺疾患/肺炎/結核後遺症/喘息/全身麻酔術後の肺機能低下など

  • 心疾患

    心筋梗塞/狭心症など

  • 内科的疾患、体力低下

    糖尿病/高齢/術後体力低下/介護予防/メタボリックシンドロームなど

勤務先:医療機関、高齢者向け施設、地域の施設、企業

理学療法士が働く場所としては、以下のような場所があります。

  • 医療機関
  • 高齢者向け施設
  • 地域の施設
  • 企業

以上施設について、細かく確認していきましょう。

医療機関での勤務

病院などの医療機関は、理学療法士の就職先で最多です。

総合病院での勤務

理学療法士の対象となる疾患も多岐に渡ります。そのため、総合病院では多くの患者を対応することになります。

具体的には以下のような科の患者に対応していきます。

  • 内科
  • 整形外科
  • 脳外科
  • 心臓外科

また、怪我や脳卒中による麻痺などのリハビリだけでなく、がん患者の体力低下予防なども行います。

個人医院・整形外科

個人医院の場合は、整形外科の勤務が基本です。

整形外科は人間の運動期間(骨/関節/筋肉/靭帯/腱/脊髄/神経)などの怪我・病気を専門に扱います。目的は運動機能の回復で、理学療法士や作業療法士が担当します。

整形外科ではリハビリだけでなく、手術にも関わることもあります。手術自体は医師が行い、術後のリハビリを担当することになります、最近では、術後早期のリハビリの価値が重大視されています。

整形外科では、他の施設とは比にならないほどの患者に対応することになります。経験をたくさん積みたい方におすすめです。

スポーツリハに興味があるなら整形外科がおすすめ

整形外科に訪れる多くの患者はスポーツでの怪我を理由にしています。スポーツに復帰するために、来院します。捻挫や打撲・骨折などのリハビリを必要としているのです。

このようなスポーツを原因とした怪我のリハを総じて「スポーツリハビリテーション」と呼びます。

このようなスポーツ医療に興味がある方にも、整形外科はおすすめになります。

高齢者向け施設

老人ホームなどの高齢者向けの施設でも理学療法士の需要があります。

病院では「身体能力の回復」を目的に治療を行うことが多いですが、老人向けの場合は「体力・運動能力の維持」を目的としていることが多いです。

立つ・歩くなどの日常動作に加え、寝返りや起き上がりなど、最低限の部分の運動能力を維持するために、リハビリが必要なのです。

スタッフが少ないため、他の職種との連携が肝に

病院などの医療施設との違いとしては、高齢者施設に所属するスタッフが少ないことです。

医療機関なら理学療法士が何人かいる場合でも、高齢者施設では一人で勤務することも少なくありません。そのため、利用者さん一人ひとりに充てられる時間がかなり限られます。

理学療法士は、他の介護スタッフにも、リハビリの手伝いをしてもらうことになります。医療機関では医師・看護師と連携をとっていた理学療法士ですが、介護施設・老人向け施設ではヘルパーと連携することになります。

体力の維持が基本で物足りない?逆にやりがいがある?

老人向け施設では、体力・運動機能の維持が基本となります。回復のためのリハビリを行ってきた方にとっては物足りない、という場合もあります。

しかし、高齢者施設の利用者は、急性期や回復期で回復できなかった患者です。もし高齢者施設からこの方々が退所できた場合、リハビリ職として最高レベルのスキルをもつ証明になります。

回復にむかうのが難しいからこそ、できたときの素晴らしさもひとしおです。

理学療法士概要まとめ

簡単にまとめると、はじめに言ったとおり以下のような仕事です。

理学療法士:物理的手段(運動/温熱/電気/水/光線など)で運動機能の維持・改善を目指す職業

  • 対象…運動機能の改善・維持が必要なひと

    ※病気、けが、高齢、障害、スポーツ選手など

    ※たまに、福祉用具やリフォームの相談をしたい人

  • 目的…体力の低下などに負けず自分らしく暮らしてもらうこと
  • 行動…物理的手段による治療

    運動、温熱、電気、水、光線など

  • 関連する他の記事

    土日休みの介護職とは?施設形態や職種など
    介護職を志望している方で、きちんと土日休みの勤務環境で働ける施設についての説明をします。
    資格なしでも介護派遣で働けるのか
    介護に関する資格を持っていなくても介護職の派遣として働くことができるかということへの説明
    介護のオープニングスタッフで働くメリットデメリットを紹介
    介護施設のオープンニングスタッフを目指す人に向けて書きました。オープニングスタッフならではのメリッ…
    介護事務転職時の注意点やコツ!求人の探し方も紹介
    今回は介護事務への転職について詳しく述べていきます!介護事務をやるメリットから注意点などから、求人…
    ページ上部に戻る