TOP > 介護施設別の転職情報 > 有料老人ホームの施設や仕事内容!向いている人

有料老人ホームの施設や仕事内容!向いている人

このエントリーをはてなブックマークに追加
有料老人ホームのイメージ

みなさんは老人ホームについて詳しく知っていますか。高齢化が進む中で老人ホームの需要は必ず増加します。

今回は有料老人ホームについて働く側の立場に立って詳しく見ていきましょう。

有料老人ホームとは?特別養護老人ホームとの違いも

有料老人ホームとは、民間の企業が運営している介護施設です。

有料老人ホームはさらに3種類に分かれており、介護付き、住宅型、健康型があります。

  • 介護付き有料老人ホーム

    介護が必要な人が対象。食事以外に入浴の介護サービスも受けることができます。

  • 住宅型有料老人ホーム

    介護が必要な人と介護が必要ではない人の両方が対象。食事のサービスは受けることができますが、それ以外のサービスは提供されません。訪問介護のような外部のサービスを受けることになります。

  • 健康型有料老人ホーム

    自立のできる高齢者が対象。露天風呂やトレーニングルームも併設されていることが多いです。食事のサービスはありますが、介護が必要になってくると退去することになります。

有料老人ホームは日々の生活が快適に過ごせるように配慮されていて基本的にプライバシーが守られる個室なども充実しています。

中にはシアタールームなどもある施設がある施設もありさまざまなニーズに対応している所が増えています。

特別養護老人ホームとの違いは?

有料老人ホームと特別養護老人ホームの違いを知っていますか。

この2つはどちらも高齢者の方の介護をする施設ですが、養護老人ホームは介護老人福祉施設とも呼ばれます。これは社会福祉法人や地方の自治体が運営する施設です。

入居の対象者は65歳以上で要介護1~5の認定を受けている人です。つまり、常に介護が必要で、自宅での介護が難しく、寝たきりや認知症が重度な人向けです。

入居待機をしている人は40万人程いると言われており、入居までに早くて数ヶ月かかります。

老人ホームと聞くと同じに思えるかもしれませんが、ここまで大きな違いがあるんですね。

有料老人ホームでの仕事内容

続いては有料老人ホームの仕事内容についてみていきましょう。

有料老人ホームでの仕事内容は、主に入居者の介護や生活支援です。食事や入浴の介助が主な仕事内容です。

民間企業が運営していることもあり、1人ひとりに合わせた細やかなサービスが求められています。さらにシフトは早番、日勤。遅番以外に夜勤もあります。

1日のスケジュールイメージ

それでは1日のスケジュール例を見てみましょう。

9:30 出勤、引き継ぎ。夜勤のスタッフから共有事項を引き継ぎます。そして居室巡回をします。

12:00 食事の準備 キッチンのスタッフと協力して昼食の準備をします。ここで介助が必要な人の食事介助をします。

13:00 入浴介助、レクリエーションの実施 午後に入居者の入浴の介助や排泄介助を行います。また職員で企画したレクリエーションを行います。

18:00 夕食や食事の介助を行います。この時に口腔のケアも行っていきます。

夜 夜勤のスタッフと情報共有します。

1日のスケジュールを見ると大変そうですよね。しかし、施設の規模などによって仕事内容や連携方法が異なってきます。

自分にあった施設で働けるように丁寧に選びましょう。

有料老人ホームで働くのに向いている人

それではどのような人が有料老人ホームの職員に向いているのでしょうか。

  • 夜勤ができる人

    デイサービスなどは時間が決まっており、その時間通りに動けばいいのですが、有料老人ホームは24時間入居者がいます。それなりの介護が必要な人が生活しているので夜勤ももちろん求められるでしょう。

  • 次は話を上手く切ることができる人

    みなさんも気づいていると思いますが、お年寄りは話が非常に長いです。施設では次から次へと仕事があります。入居者と長く話していると他のスタッフにも迷惑をかけてしまいます。ゆっくり話を聞くことは大切ですが、話ばかりしていて仕事が遅いと思われないように気をつけましょう。

  • 体力のある人です

    有料老人ホームは介護度に合わせて一律の値段で利用できます。介護度が高い人は移動や入浴で仕事量が増えます。それで体力はどんどん削られてしまいます。また、体力だけではなく腰への負担もカバーする必要があるので技術を習得しましょう。

  • チームで活動することが上手い人

    1人で行う仕事が多いですが、1人のペースで行ってしまうとタイムしケジュール通りに進まないこともあります。それによって周りに迷惑をかけてしまうことがあります。「早く仕事を終わらせたい」という思いは皆ありますが、今度は入居者がついてこれなくなる時もあります。急げる時は急ぎながらも入居者のスピードに合わせるのが1番ベストです。

上のような方ならば、現場で活躍することができるでしょう。

給与について

それでは最後に給料についてみてみましょう。

有料老人ホームの平均月収は18.74万円です。実際は手当などがつくので年収はもう少し高くなります。

介護職の給料を左右するのは保有資格と経験年数です。

1番反映される資格は介護福祉士です。これは国家資格なので、給料に1番反映されると考えられます。もし給料アップを考えているのでしたら資格を取ることを考えてみるのもいいかもしれません。

まとめ

以上有料老人ホームの仕事内容や施設内容について詳しく見てきました。

今後需要が必ず増えてきます。そのため現在の介護業界は深刻な人手不足となっています。

高給料を狙うのならばそれなりの資格が必要となってきますが、非常にやりがいのある仕事であり、経験もあまり必要ありません。

ぜひ有料老人ホームを検討してみてはいかがでしょうか。

関連する他の記事

そんぽの家の介護職ってどんな感じ?どんな待遇で働けるか
そんぽの家で介護職で働くと生活介助とレクリエーションを中心とした仕事を行うことになります。待遇の水…
介護職の転職は何歳まで?介護職に転職できる年齢と将来性
介護業界の平均年齢は45歳と決して若くなく、年配でも十分に活躍できる仕事ということが分かりました。そ…
介護ロボットの普及による負担の軽減
介護ロボットが世の中に普及することで可能となっている、職員の負担軽減といったメリットや、そこから生…
中卒から介護で働く!介護資格って中卒でも取れる?
中卒から介護福祉士になることは可能です。国家資格である介護福祉士。介護福祉士になるにはどのようなル…
ページ上部に戻る