TOP > 介護求人・転職コラム > 介護職における代表的な転職理由

介護職における代表的な転職理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
悩む介護職の女性

現在、日本の介護職は深刻な人材不足という問題に陥っています。その主な原因としては、介護士を目指すという若い世代が減少していることと、現在介護士として働いてる人たちが毎年大量に辞めてしまうということが挙げられます。

そこで今回は毎年介護士が大量に退職してしまうということに焦点を当てて考えていきます。

なぜ毎年多くの介護士が辞めてしまうのか、その代表的な介護職の転職理由を説明していきます。

介護職の2大転職理由

介護職に置いて大きな位置を占める大きな2つの転職理由は「仕事内容の大変さ」「賃金の低さ」です。つまり仕事量多くて大変なのにそれに対する給与が低いという不条理な状態となっております。

そのため、介護士は非常に割に合わない仕事となっているというのが現状です。このような状態ではなかなか介護士の人気が上がることがありません。

身体的負担が大きい

介護士が仕事を辞めてしまう大きな転職理由として、介護職の仕事が非常に大変であるということがあります。そのため、介護職に多い女性にとって身体的な特に負担が大きいものとなっております。

夜勤

介護職は毎日交代制で夜間にも介護施設に残って、見回りや被介護者の監視などをやらなくてはなりかねません。そして、もし被介護者の体調などに問題が起これば、すぐさま適切な処置を施す必要があります。場合によっては病院まで連れて行って受診しなくてはならない場合もありますね。

これらの仕事は介護士の極度の疲労や睡眠不足を引き起こす原因ともなりうります。

肉体労働

また他にも、介護士は被介護者の着替えや食事、排泄の管理などをしなければなりません。時には被介護者の身体を持ち上げなければならないこともあります。

しかも、被介護者はたくさんいますので、それら全員の介護をこなすのは非常に重労働です。

そのように、介護士の身体的な負担もとても大きなものとなります。

介護職全体に疲労が貯まり、多くのスタッフが早く辞めたいと思うようになります。

賃金の低さ

介護業界の給与は厚生労働省の発表した統計的なデータによると、介護職員の平成25年における平均的な月収は常勤のスタッフで約27万円、非常勤のスタッフで約15万円となっております。同調査によると、平成25年での国内の正社員の平均月収は約31万円、正社員以外の場合ですと約19万円です。

これらのデータから見ると、介護職の平均給与は国内の平均給与よりも低いことがわかります。この給与の低さが介護職の転職理由の中で大きな位置を占めています。

原因は介護報酬制度

介護報酬というシステムによって介護士の給与があらかじめ決められているからです。

介護報酬というシステムが作られたいきさつとしては、以前は介護費は国の医療費から出していたものの、介護費の増加から医療費から賄うことができなくなってきたために医療費から切り離してできたということです。

介護報酬制度が作られた背景から考えても、国からしてみればこの介護報酬はなるべく抑えたい費用であるため、なかなか上がることを望むのは難しいかもしれません。

若年層の定着が難しい

特に男性の場合ですと家族を養っている方も多いため、もっと給与が高い職業に転職する必要があります。介護という技術は他の職業ではなかなか応用が難しいため、体力、記憶力があって他の仕事に順応しやすい若い時期に転職をする必要がありますので、あまり若いスタッフが残りません。

よって、このような経済的な面が介護職の転職理由となって辞めていく人が多いようです

2つの問題を抱える介護業界の今後

それでは介護業界は今後携わる人手がいなくなって、衰退する一方なのでしょうか。最近は介護業界におけるロボットの活用による効率化や介護職の待遇の改善が叫ばれていますので必ずしもそういうわけではないようです。

近年発達してきたロボットの技術によって、さまざまな介護ロボットが生み出されています。それらはみな介護現場におけるスタッフの身体的な負担をできるだけ軽減するために生まれたもので、実際に多くの介護施設で活用が勧められています。

今後は介護士の身体的な負担は大幅に軽減されることが予想されます。

賃金の改定により給与面も解決の兆し

また、介護職の賃金に関して、介護報酬の改定が決定されたことで、介護士の給与が平均1万円ほどの給与アップとなりました。そのため、介護士の低賃金に悩んでいた人にとっては大きな助けとなります。

今までは介護職における待遇があまり表に出ることがありませんでしたが、これらの問題が表に上がってきたために、これからは待遇改善に向かいそうです。

よってこれらの転職理由のためにスタッフが不足することは減ってきそうです。

まとめ

確かに介護職はこれまで身体的負担と経済的問題が大きな転職理由として人手不足の状態でした。しかし、これからは大きな転職理由となっていたこれらの問題も改善されていく方向性です。

そのため、現在これらの理由で転職を考えている方も、これからの展望に期待を持って介護職を続けてみてはいかがでしょうか。

関連する他の記事

介護職の転職は簡単ってホント?難易度や条件を徹底解説!
高齢社会に伴って需要が高くなっている介護職。他業種から介護職への転職は簡単だと言われているようです…
介護施設の事務長とは?仕事内容となり方をご紹介
謎に包まれている介護施設の事務長。そんな事務長のお仕事内容について徹底的に解説していきます!必要な…
ゲンキネクストってどんな職場?スタッフの立場から詳細についてご紹介
ゲンキネクストは若いスタッフが多く、活気のある雰囲気が口コミでも評判です。リハビリを重視しているの…
介護職の職場の選び方とは?
介護職の職場はどのように選んだらいいのかを解説します。介護の現場ではどのようなことが働く側のポイン…
ページ上部に戻る