TOP > 介護求人・転職コラム > 介護職の職場の選び方とは?

介護職の職場の選び方とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
マルとバツの札を挙げる男性と車椅子のフィギュア

介護職への転職が増えている中どのように職場を選べばいいか悩んでいる人も多いと思います。施設形態も違うことながら労働の面でも様々な条件があったりします。

何に注意して選んでいけばいいのかを解説していきます。

介護職におすすめの職場の選び方

介護職の職場の選び方に自信がないという方。そんな方のためにどのようなことに注意して選んだらいいのかを解説。ポイントになってくる要素を上げていきたいと思います。

自分に合った施設形態を選ぶ

介護職として働く場合まずは自分に合った施設形態を選びましょう。年々増えている介護施設ですが様々な形態があります。

民間の会社が運営しているものから公立の期間まで本当に様々です。それぞれの施設形態ごとに特徴がありますので自分に合った施設形態を選ぶことが重要です。

例として身体や精神に障害を抱えており、自力で暮らすことが困難な人を受け入れている特別養護老人ホームや、認知症を抱えてながらも自分のことは一通りできる高齢者を受け入れているグループホームなどがあります。

ほかにもさまざまな形態がありその形態ごとに主な業務なども変わってきます。介護施設形態を特集した記事などもあります。このような記事を参考にして施設ごとの特徴・業務などを自分なりにリサーチしてみてくださいね。

該当記事:介護の施設形態・在宅サービスはどうなっているの?

運営母体がどこなのかを確認しよう

民間の介護職施設の場合、運営母体の会社はどこなのかを調べる必要があります。運営母体の会社を知ることでそこの職場がどのような環境なのかを少しは知ることができます。

労務環境・規定などはその母体会社が決めていることが多いです。その運営母体が世間からどのような評価を受けているか調べておく必要があるでしょう。

どんな会社がバックについているのか、これを調べることは職場の選び方の基本です。

夜勤・残業については必ずチェック

介護職は24時間体制でやらなければならないことが多いのでこの二つのチェックは大変重要です。実際に介護職として働いている方の不満として、勤務形態の不満が大変多く聞かれます。

最初は少ないと聞かされていた残業が実際にやってみると多かった、夜勤の回数がほかの社員と比べて著しく多いなどの不満が多いです。入社する際に綿密な確認が必要でしょう。

また夜勤・残業の手当がどのようになっているかも要確認です。介護業界の特徴で夜勤の手当の仕組みも様々です。

夜勤が時給換算であったり一日につき一定額の手当が出るなどの措置があります。介護職の特徴としてパートで夜勤に入っていたら正社員より儲かったなどの声もよく聞かれるほどです。

夜勤・残業手当については介護職として働くのであれば大変重要なチェック項目です。

利用者と接する際の理念を確認

職場の利用者に対する理念も確認しておきましょう。施設の利用者とどのようにしてコミュニケーションをとることを理念としているのか調べるのです。

利用者の身の回りのことまで踏み込みつきっきりで介助することを求めるのか、利用者が自立できるように励まし諭すような接し方を求めるのか、高齢者の方と分け隔てなく交流することを求められるのかなどを調べましょう。

高齢者との接し方は介護職として働く際にとても大事になる部分です。あなたがどのようなときにやりがいを感じまたそれが職場の方針のマッチしているのかしっかりと確認しましょう。

あなたの仕事のモチベーションに関わる大変重要な部分です。

介護職の選び方に役立つリサーチ法

介護職の職場選びが重要だということはわかっていただけたと思います。では実際にどのようにリサーチをしたらいいのでしょう。

働いている人の声として「採用の時はこう言われたけど実際は……」などの意見も目立ちます。失敗しない選び方として大事なリサーチ方法の提案です。

実際に働いている人の声を集める

正確な情報を集める手段として実際に働いている方の声をきくことがとても効果があります。働いている方に職場の雰囲気や勤務形態の状態を聞くことは現場のリアルな声を聴ける貴重な機会です。

採用担当者などは会社に来てほしいので少し美化して伝えることもたびたびです。実際に働いている方にはそういう傾向はないでしょう。

知り合いなどがいる介護祖y区の職場にいる場合はその方に聞いてみましょう。

知り合いがいない方は誰かに紹介してもらう機会などの探してみましょう。

講師に聞いてみよう

介護の専門家である講師に聞いてみるのも一つの手です。

介護の職に就く際にはほとんどの場合で介護初任者研修を受講します。その際の講師に相談するのです。

介護業界のことはもちろん詳しいでしょうし、講習会で触れ合っているのであなたに合った介護現場についてアドバイスをもらうこともできるでしょう。

これから介護職への転職を考えている方はぜひやってみてください。

加えて介護施設の評判についてもある程度ご存知のことでしょうし選び方に対するアドバイスももらえるかもしれません。仲良くなってどんどん情報を聞き出してみましょう。

介護職の職場の選び方に通例はない

これまで選び方のアドバイスをしてきました。しかしもちろん通例はありません。

ポイントはとにかく正確に細かくリサーチをすること、自分に合った職場を選ぶことです。

そのための手段としてこの記事のアドバイスを参考にしてみてください。

関連する他の記事

介護職の仕事内容を紹介
長寿大国となった日本では高齢者の割合が増え続けています。そのため介護業界の需要は増えています。これ…
あずみ苑で仕事をしたいなら必見!給与や地域など求人情報
レオパレス21が運営しているあずみ苑は年収や福利厚生が安定しており、介護職員以外にも多種多様な職種や…
ケアマネジャー転職時の適性年齢!50代や60代でもなれるか
ケアマネジャーに転職したいと思っているそこのあなた必見!転職を考えているけれども年齢を気にしてなか…
介護職の短期バイトの時給は?大変?おすすめの理由とは
現在、医療業界では介護の短期バイトはとってもおすすめです。その理由と介護の短期バイトのメリットとデ…
ページ上部に戻る