TOP > 介護派遣のコラム > 20代の介護職転職!メリットデメリットやポイントを紹介

20代の介護職転職!メリットデメリットやポイントを紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
若い介護職の男性

今、急激に需要が高まっている介護職。

すでに働いているけれど介護職へ転職したい、そう考えている人も少なくないのではないでしょうか。

今回は介護職への転職を考えている20代の方へ、若者の介護系転職のポイントや注意点をご紹介します。

わからないことや不安も多いかと思いますが、この記事を読んでしっかりと準備すれば恐れることはありません。

介護職への20代で転職するのは難しい?

一番に気になるのは、未経験で介護の仕事ができるのか?ということでしょう。

介護というと資格、経験といった単語が浮かぶ人も多いかと思います。

ここでは20代の介護系就職の難易度についてお伝えします。

経験の有無は気にしなくていい!

介護職の求人を出している施設や事業所は、経験不問を掲げているところがかなり多いです。

実務的なスキルは働き始めてから身につけることができるので、採用側はそれよりもやる気や根気、熱意があるか注目してきます。

資格がないから……と介護の仕事を諦めることはありません。

むしろ、介護職を志す際、若さは実は大きな武器になります。

企業が欲しいのは長く働いてくれて、この先育ってくれる人材。体力もあり、成長の余地がある20代は歓迎されることが多いです。

すぐに辞めずに続けてくれるか採用側が慎重になる場合もあるので、面接では粘り強さをアピールしておきましょう。

介護職へ20代で転職するメリットとデメリット

次に、20代で介護職へ仕事を変える際のメリットとデメリットをご紹介します。

どんな業界でも、いいところがあれば悪いところもあります。両者を理解したうえで、自分が介護業界を目指せるか改めて考えてみましょう。

メリット:就職先に困らず、生活に合った仕事を選べる!

前述した通り、若い介護業界志望者は多くの施設や事業所で歓迎してもらえます。

そのため自分の希望に沿ったところへ就職できることが多いです。

さらに介護職はシフト制、フルタイム、派遣などさまざまな雇用形態を選べるので、自分のライフスタイルに合わせて就職先を選ぶことができます。

自分の希望条件にマッチした職場へそのまま就職できてしまう可能性も、十分に考えられます。

デメリット:給料が安い&仕事がきつい

介護現場でよく問題となるのが、給与の安さ。決して楽とは言えない体力勝負の業務内容に反して、給料は同年代の社会人の平均と比べても安いところが多いです。

しっかり稼ぎたい!という方は給与の面にも注意して求人を探しましょう。

また仕事の厳しさでも有名なのが介護業。日頃の業務がどのようなものなのか、実際に職場見学などをして知っておく必要があります。

自分の目で見ることで説明だけではわからない仕事の大変さや、反対にやりがいを見つけられるため、就職を決める前に一度は現場を見せてもらいましょう。

これだけは気を付けて!20代で介護職へ転職する際の注意点

若者が介護職へ仕事を変える際、採用までスムーズに進んでしまう場合が多いですが、どこでも採用してもらえるからといって、適当に就職先を選んではいけません。

介護系の仕事を探す際に必ず注意すべきポイントをご紹介します。

介護施設や事業所は慎重に選ぼう!

介護系の施設や事業所は全国各地に多数ありますが、その制度や労働環境は千差万別。

介護業界自体は将来が安定しているといえますが、現場となると運営が切迫しているところ、待遇がよくないところも少なくないのです。

ネットで求人情報を見ただけでは、そういった内情はわからないことも多いです。

気持ちよく働くためにも、口コミや職場見学などを通して就職先はしっかりと見極めましょう。

多様な雇用形態を頭に入れておこう

介護業の魅力の一つといえるのが、バラエティに富んだ雇用形態。

フルタイムで働く正社員から、パート、アルバイト、派遣などその働き方はさまざま。自分がどんな形で働きたいのか、イメージを明確にしておきましょう。

面接でどれぐらい働きたいのか聞かれることも多いので、シフトや夜勤の可否など事前に自分の希望をはっきりさせておくとベスト。

また、パートや派遣など非正規雇用のスタッフが多い場合は、離職率が高くスタッフの入れ替えが激しい可能性もあるので、考慮しておきましょう。

介護職への20代転職を成功させる3つのポイント

それでは、20代で介護職を目指す方が満足いく転職を行うには何がカギとなるのでしょうか。

ここではそのポイントをわかりやすく3つに絞ってご紹介します。

イメージだけで決めてはだめ!なるべく情報を集めよう

資格がなければ大した仕事はできない、現場の仕事は辛いだろうから事務スタッフの方がいい、どこも離職率が高いだろうからきっと長くは続けられない……。

介護は現状をよそにイメージのみが先行している業界です。

しかしその実態はイメージ通りではありません。

ネットなどで情報を集め、介護業界についての知識を身につけ、そのうえで求人を探していきましょう。

譲れない条件を明確にしておこう

介護職はさまざまな働き方ができる仕事です。

介護に携わるうえで何を大切にして働きたいか、妥協できないポイントを具体的にさせておきましょう。

「まあいいや」で就職してしまうと、後になって後悔してしまいます。

実際に仕事を体験しよう

介護の仕事は、面接で話を聞いただけではわからないことも多いです。

職場見学や業務体験を行っているところも多いので、必ず現場を見て、スタッフの雰囲気や実際の仕事内容を知っておきましょう。

仕事を始めてから「イメージと違った…」となるのは避けたいものです。

介護職への20代の転職は希望がいっぱい

介護職を目指すことに不安を覚えることも多いでしょう。

けれどきちんと知識をつけて業界について理解すれば、たくさんの可能性がある業界だとわかるはずです。

特に20代はポテンシャルにあふれ、まだまだ成長が期待できる人材。自信を持って介護職への転職に臨みましょう。

関連する他の記事

介護福祉士の病院求人の仕事内容から給与や条件まで!
医療求人のいいところは介護職の平均よりも条件がいいことでしょう。もちろん場所にもよりますが、一般的…
介護業界で高待遇な求人を見つけるコツ!優良施設で働く
そもそも介護業界での高待遇とはという基準の部分から、ブラック施設の特徴、施設別のポイントなどを述べ…
失敗談から学ぶ介護職転職で成功する秘訣
介護職で転職を希望しているけれど失敗するのが怖いという方も多いのではないでしょうか。今回は失敗から…
理学療法士とはどんな資格でどんな仕事であるか
理学療法士は医療関係の職業です。理学療法士になるためには国家資格が必要となります。国家資格が必要な…
ページ上部に戻る