TOP > 介護派遣のコラム > 介護業界の派遣の平均時給はどれくらい?

介護業界の派遣の平均時給はどれくらい?

このエントリーをはてなブックマークに追加
給料を見て喜ぶ介護職派遣社員

介護業界における派遣スタッフという働き方は、パートで働くよりも時給が高いことから、多くの人がこの勤務形態をとっています。

平均時給がどれくらいなのか知っておくだけでも、実際に求人を選ぶ時に役に立ちます。

派遣介護職の平均時給

派遣として介護業界で働こうと考えた時、誰もがその給与を気にすると思います。

ここでは介護職の派遣給与についてご説明します。

介護職派遣スタッフ全体の時給平均は1,200円ほど

介護派遣スタッフ全体の平均時給は1,200円ほどです。フルタイムで働いた場合の月収を考えると、約20万円になります。

介護福祉士の資格を持っていればさらに高時給が期待されます。なんと、28万円ほど貰っている人もいるんです!

平均時給は年によってばらつきがあるようですが、近年は時給1,200円に落ち着いてきました。

派遣介護職員の時給相場は資格の有無でどう変わるか

介護業界において平均時給を考える時に知っておきたいポイントは、持っている資格や経験年数や地域や登録会社によって貰える給与に差が出てくるということです。

時給を決める上で重要になることは、その人が持っている資格と経験です。

介護に関する何らかの資格を持っていたり、施設での経験があったりすると当然給与も多くなります。

当たり前のことになりますが、未経験で資格も持っていない人と、介護福祉士の資格を持ち10年の実務経験を持つ人が同じ給与になるはずがありません。

未経験の場合の平均給与

未経験かつ資格を持っていない人の時給相場は1,100円から1,300円です。経験がなく、初任者研修の資格も持っていないと、あまり時給に期待はできません。

しかし、時給1,300円程度ならば十分ありえます。逆に、時給1,000円を下回る場合は、もっと待遇の良い職場があるいこともあるので、探してみることをおすすめします。

資格を持っている場合の給与はどれくらい?

初任者研修の資格を持っている人の場合、資格を持っていない人と比べると時給は高くなります。ある程度の経験があるならば時給1,400円以上でも期待できます。

介護福祉士の資格を持っている人は時給もかなり良くなります。時給1,500円から1,700円くらいなら、事業所によっては存在します。

一般的にどの施設も人手不足となっていて、多くの職場で問題となっているので、確かな知識と経験を持っている人が多いこの資格を持っている人は貴重な人材となります。

パートよりも派遣のほうが時給が高くなる!

参考までにパートの介護職の平均時給はおよそ1,000円から1,100円程度です。

都心部ではなんと、時給1,300円以上となる場合も、決して多くはないですがあるようです。

とはいえ、一般的には、パート・アルバイトなどの直接雇用職員の時給が1,000円です。派遣スタッフとして働いたほうが、給与が高くなります。

派遣介護の時給が高い理由

介護業界におけるスタッフの平均時給を紹介しましたが、多くの人はその金額の大きさに驚いたと思います。それだけ時給は高いと言えます。

ではなぜこのように高い時給設定になっているのでしょうか。その理由は、介護業界全体で慢性的に人手が足りていないからです。

介護施設には職員の配置基準というものがあり、職員がその基準に満たしていない状態で運営をしてはならないことになっています。

特にデイサービスなどは、この配置基準がとても厳しく、この基準を満たさず運営を続けると国や自治体から報酬を受け取れなくなってしまうのです。

この厳しい職員の配置基準をクリアするために、正社員やパートを雇うことができずに人手不足になった施設は、時給が高くても緊急手段として派遣スタッフを利用するのです。

介護派遣スタッフとして働く時に注意すること

平均時給がパートよりも高い派遣スタッフですが、施設からすれば、あくまで緊急の穴埋めの人員となります。

パートや正社員を雇うことができれば、契約期間内でも契約を切られてしまう可能性があります。

契約が切られてしまった場合は、他の介護施設に改めて移動することになります。そのため、職場が変わることが多く、新しくスタッフ間や利用者との人間関係を作らなければならなくなります。

この人間関係の構築が人によっては大きな負担になってしまうことがあります。さらに、基本的に派遣スタッフを雇う職場は人手不足なので、時給が高くても激務になりやすいことを覚えておきましょう。

派遣社員は激務になりやすいが気楽に働ける

派遣の場合は激務になりやすいといいましたが、勤務時間内は忙しくても残業はない、という場合が多いです。

理由としては、施設によっては残業の賃金割り増しが大きな負担となる職場もあるからです。

また、派遣の場合、パートや正社員よりもサビ残などがない分、効率よく働けます。

先程人間関係の構築が負担になる人もいると紹介しました。一方で、職員同士であまり干渉したくないという人や、淡々と仕事をしたいという人にとっては働きやすい場合もあります。

登録会社選びも丁寧に行おう

登録会社選びも、介護職としての働きやすさを考えると重要です。職場に問題があるのか確認する会社もあれば、適当に決める会社もあります。

親切な会社はスタッフの要望を聞き入れてくれるので、登録する会社は必ず信頼できる会社にしましょう。

当サイトでおすすめなのは、職業紹介優良事業者に選ばれているレバレジーズの運営している「きらケア介護派遣」です。

大手だけあり、規模も大きいですし、人材事業を運営しているところの中でも、非常に信用できる会社ですよ。

関連する他の記事

介護の転職を成功させる3つポイント!職場の探し方や優良求人の見極め方を紹介!
介護転職を成功させるための3つのポイントを紹介します。職場の探し方や優良求人の見極め方を抑えれば、…
介護派遣で大手総合サイトより専門サイトがおすすめな理由
介護業界では正社員より派遣の方が時給が高いという逆転現象が起きている中、介護派遣の優良求人を探して…
生活相談員の求人や平均給与は?やりがいや厳しさなども紹介
生活指導員は、施設利用者・家族・事業所・職員すべての橋渡しになる重要な職種です。介護職の仕事はせず…
派遣介護職の面接への心構え!事前準備
介護業界に就職しようと思っている方や業界内で転職しようと思ったら気になる、派遣の労働のことや面接の…
ページ上部に戻る