TOP > 介護求人・転職コラム > 転職してよかった!実際に成功した介護職の声を聞こう

転職してよかった!実際に成功した介護職の声を聞こう

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職をどうしようか悩んでいる方は多いと思います。大変そう、辛そうというイメージがある介護職ですが、介護職と一言で言っても、様々な形態があります。求人を探してみるといろんな働き方のできる業界なので、自分にあった職場を探すヒントにしてみてください。

今回は、介護職に転職して良かったという方々の体験談を幾つか紹介したいと思います。

介護職の転職で良かったという方々の声

介護職の転職をして良かったという方々の声を見てみましょう。

介護職の転職で良かった体験談①

前職がデイサービス、その前は訪問介護で勤務していました。

介護職としての自分自身のスキルアップしたいと感じてきました。そして、ユニット型である養護老人ホームを選び、転職しました。

ユニットケア制度があることで利用者ひとりひとりに対して近距離で関わることができるようになりました。その御蔭で、信頼関係も築きやすくなったのです。非常に良いケアの方法だと思います。

前職と比べると、忙しいのは間違いありません。日々のお仕事で自分が成長していることを実感することができ、高齢者の方々と密接に関わっていくことで感謝されやりがいを感じることの多い介護現場です。

私は、今までのどの現場よりも楽しく勤めているので、転職して良かったです。

この方は、転職前に自分のやりたい仕事、向いている仕事が分かっていたから就職後の生活を楽しめているのだと思います。介護職は、さまざまな形態があるので、自分にあった介護職を探してみましょう。

介護職の転職で良かった体験談②

前職は、住宅型の有料老人ホームで勤務していました。そこでは元気な方が多かったので、介護実務というよりも接客に近いような対応を多くしていました。

このままでは介護スキルが身につかない、学校での学びが活かせない、という思いがあって特別養護老人ホームになりました。これまでの現場とは全く違う環境で、大変な仕事ももちろんありますが、自分が望んでいた介護スキルの向上を目指せる現場なので問題ありません。

先輩社員に親切に教えてもらいながら、自分の持っていた知識を活かせる現場環境なのでとても充実した仕事に勤められています。

この方は、前職でなかなか満足できず、自分のやりたいこと、キャリアアップを狙ったものといえます。仕事に物足りなさがあれば、思い切って転職を考えてみましょう。

介護職の転職で良かった体験談③

前職は特別養護老人ホームでした。日々の忙しさと夜勤によって、体調を崩しがちでした。そして2年前、一気に体調を崩し、仕事が続けられなくなってしまいました。

一度、体調回復のために退職してしばらく時期をあけて、デイサービスで働くようになりました。レクリエーションなどの企画は利用者はもちろん、こちら側も楽しくやって行けいます。前職とは全く違う雰囲気です。日中のみの仕事となったため、体調も改善されてきました。今では充実した時間を過ごしています。デイサービスに変えて良かったです。

この方は、体調不良という身体に悪影響のために転職をするようになったのですが、介護職であれば、このような悩みは少なくありません。デイサービスは夜勤がない施設形態であり、介護職にしては働きやすい営業形態と言えるでしょう。無理なく働けるデイサービスのような仕事もあるので、大変なのは嫌だけど、介護は続けたいという人におすすめです。

介護職の転職をして良かったとなるためのアドバイス

介護職は、慢性的な人手不足によって求人も多くでています。求人が多いので、選ばなければ就職は楽ですが、そのような安易に活動をしていると、就職後に後悔することが多いです。

とはいえ、選択肢が多く、悩まされやすいと思います。

施設形態、日勤か夜勤か、休日はどのくらいか、認知度レベルがどの程度の方々の相手をするのか、何人収容しているところなのかなど、介護職のチェックポイントはたくさんあります。自分の要望に合った求人をしっかりと選ぶようにしましょう。ここで、ちゃんと自分にあった求人を選ぶことが出来れば、転職して良かったと思えるような活動ができると思います。

求人情報を細かくチェックし、面接でも話をしっかりと聞くことが重要です。

介護職の転職をして良かったと思えた人の共通点とは

転職して良かったと思っている人たちに共通していることは、自分自身をしっかりと理解していたことがあげられます。

前職で、こういう仕事が自分にあっていない、もっとこうだったらいいなという思いから、自分がやりたいこと、向いている仕事はいったいなんなのか分析をすることが大事です。

前職での経験があるのに、それを全くの無にするのは、もったいないです。前職で働いている時に自分に合っていると思えること、合っていないと思うこと感じることはあると思うので、その経験は、自分の経験としてしっかりと情報源にするようにしましょう。自己分析をしっかりとやって、それに見合った求人を探すことが出来れば、就職後に後悔することも少なくて済むでしょう。

この記事を読んでいただいた方が、転職して良かったと思えるように祈っています。

関連する他の記事

介護の派遣現場の声!イジメの有無と対処法をご紹介
今回は、介護の派遣には本当にイジメがあるのかどうかを徹底解説!どうやって対処しているのか実際の声を…
介護職の転職は何歳まで?介護職に転職できる年齢と将来性
介護業界の平均年齢は45歳と決して若くなく、年配でも十分に活躍できる仕事ということが分かりました。そ…
ハクビを退会しようと思ったときのチェックポイント
ハクビの退会方法がわからなくて困っているという人や心配だという方に向けて、今回は退会方法をお教えし…
きらケアのサポート体制の秘密は運営会社レバレジーズキャリアにあり!
介護職の求人サイトきらケアの運営会社は、非常に信頼できるレバレジースキャリアです。どのサイトに登録…
ページ上部に戻る