TOP > 地域別の介護求人情報 > 京都での介護求人はどんな感じ?平均給与や離職率などを徹底紹介

京都での介護求人はどんな感じ?平均給与や離職率などを徹底紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

介護の求人は全国的に募集がかかっているのですが、その中でも京都は介護事業に力を入れている都道府県として優良な求人が多い傾向があるようです。

そこで今回は、京都の介護の求人の傾向や平均給与、離職率などに関して紹介していきます。

京都での介護事業に対する取り組みについて

京都府では若い人材が介護業界で働きやすいようにするため、「きょうと福祉人材育成認証制度」と呼ばれる制度を導入しています。

これは人材育成に積極的に取組む福祉および介護事業所を京都府が認証するもので、認定された福祉事業所は学校などを通じて学生たちに情報が公開されます。情報は公開されるだけではなく求人情報としても取り扱ってもらえるので、特に高校生や大学生をターゲットにして学校に提供されているケースが多いようです。

このように認定を受けた事業所の情報を公開するメリットとしては、「若い人材の確保」が挙げられています。若い人たちにとって介護事業は「忙しくて大変な仕事なのに給与が低い、待遇が悪い」などのマイナスイメージがあると考えられているため、マイナスイメージを払拭して介護事業が安心して働ける業界であるとアピールする目的もあります。

そのため京都府では「きょうと福祉人材育成認証制度」を利用している施設が多く、人材育成や人材確保などに力を入れている施設が増えてきています。

京都での介護の求人にはどのような傾向がある?

京都は府全体で人情報や法人情報の公開、働きやすい事業所に対する評価制度を設けるなど、積極的に介護事業の支援や後押しをしています。

事業所側としても人材確保に繋がるなどのメリットから制度の認定を受けるために取り組みを行っており、全体的に働きやすい職場が増えてきている傾向があるようです。特に人材育成に関しては力を入れている事業所が増えているので、大手の施設であれば研修を積極的に行っていますし、中小規模の施設でも指導や教育制度を整えているところが多いとされています。

また近年では民間企業の参入も増えてきていると言われていて、新規開設する施設のオープンスタッフを募集していたり比較的新しい施設からの求人が掲載されているケースもあります。新しい施設の場合はまだ内部の状態が整っていないところもあるのですが、その分自分たちで施設を作り上げていく楽しみがあるところが魅力です。

京都での介護求人の採用率は高い?低い?

京都では介護事業所の質を高める制度を設けており、事業所も制度を利用して人材確保に積極的に取り組んでいたり、労働環境を改善している傾向が見られています。そこで気になってくるのが、実際に募集されている介護求人に対してどの程度の採用率になっているのかという結果の部分です。

全国の介護職の労働に関する情報をまとめている団体である「公益財団法人介護労働安定センター」が発表している「介護労働実態調査結果」によると、平成27年度における京都府での介護求人の採用率は「37.8%」となっています。この数値に関しては同じ年度の全国の介護求人の採用率の平均が「20.3%」なので、全国平均よりも高い傾向にあるとわかります。

また26年度の京都府での採用率が「18.5%」とされていて、回答している施設の数が異なっている点を除いても飛躍的に数値が高くなっている傾向が見えてきます。これは京都府が実践している制度の影響が出ていると考えられているので、今後も採用率が高くなる可能性が期待されているようです。

採用率が高いのに離職率も高い?

では介護事業所の離職率はどのようになっているのかというと、同じく「介護労働実態調査結果」によると平成27年度では「18.6%」とされています。これは全国平均の「16.5%」と比較すると高い数値になっていて、採用率が高い反面離職率も高い傾向があると判断できます。

これは京都府では徐々に民間企業による介護事業への参入が増えて、新しい施設がどんどん増えてきている影響もあるのではないかと考えられています。新しい施設が増えれば複数の施設で条件を比較しやすくなっていますし、そこから転職を検討しやすい状態ができるので結果的に離職率を高めてしまう要因となっている可能性があるのです。

ですがこれは決して悪い結果ではなく、働きやすい介護事業所が増えてきているために転職する人が増えているとも考えられます。

京都の介護事業所の平均給与は突出している

どんなに働く環境が良いものになったとしても、働く上で重要視されてくるのは給与の面です。

京都の介護事業所の平均給与についても「介護労働実態調査結果」に明記されており、平成27年度のデータによると「およそ21万円程度」だと言われています。実は全国の介護事業所の平均給与は「およそ18万円程度」となっているので、全国的にも高い数値を記録しているのです。

近畿地方の中でも介護事業所の平均給与はトップクラスの水準を誇っているので、京都の介護事業所は働きやすいだけではなく給与の面でも保証されているところが魅力になっています。

介護職を目指す人にとって京都はおすすめのエリア

京都府では独自の認証制度を設けているところから、介護事業所がそれぞれ人材確保を目指して企業努力を重ねています。また民間企業の参入など市場全体が非常ににぎわっている傾向があるので、多種多様な介護事業所から求人が掲載されています。

どのような事業所でも未経験者や女性が働きやすいように配慮された環境が整っているほか、給与の面でも手当てが充実しているところが多いです。そのため自分が求める条件に合った求人を探しやすくなっていますし、現在働いている人にとっては転職活動がしやすいエリアとしておすすめされています。

関連する他の記事

介護のオープニングスタッフで働くメリットデメリットを紹介
介護施設のオープンニングスタッフを目指す人に向けて書きました。オープニングスタッフならではのメリッ…
介護業界で転職!ホワイトな求人を見つけるポイントや注意点は?
介護職の求人はどこで探せば良いの?という疑問から、ホワイトな職場を見つけるコツまで紹介。悪徳企業と…
介護職のハローワーク転職って実際どう?
介護転職をしようと思っている方にハローワークの役立つ情報を提供します。使ったときのメリット・デメリ…
失敗なし!好条件の介護求人の探し方・見つけ方
介護求人の失敗しない求人の探し方・見つけ方を紹介します。探し方のコツさえつかめば、簡単に失敗しない…
ページ上部に戻る