TOP > 介護資格に関する記事 > 介護の現場で給料やキャリアアップにつながる資格

介護の現場で給料やキャリアアップにつながる資格

このエントリーをはてなブックマークに追加
給料とキャリアがドンドン上がっていく介護職

高齢化の影響でますます需要が伸びている介護職。ですがその実態はあまり知られていなく、給料もまだまだ低いと言われています。そこで今回は現場でどのようなものが給料アップにつながるのかを見ていきます。

介護職の基本的な資格によるステップアップと昇給のフロー

社会需要の後押しもあり最近介護職のなり手が増えており、メディアや国会などでの政治の現場でもよく取り沙汰されるようになってきました。

そんな中で意外と知られていないのが、その資格と昇給の仕組みです。

どういったものが昇給につながるのか、まずはじめに基本的なステップアップの方法を見ていきます。

最初は「介護職員初任者研修」からスタート

「介護職員初任者研修」これはこの業界の初歩的な研修です。

この研修で現場の考え方を学び、現場で必要なある程度基本的な業務をこなせるようになります。そして実際に在宅・施設で働くためにさらに130時間の研修を受け、修了書をもらうことが出来ます。

登竜門的なものとなるので、未経験から就こうとお考えの方などには非常におすすめできます。

持っているのと持っていないのでは、応募できる求人も変わるので取っておいて損はないでしょう。

サービス提供責任者になれて医療行為も出来る「実務者研修」

次に取るべきものとしては、実務者研修があるでしょう。

これを取ることによりサービス提供責任者になることができます。また、医療行為(痰の吸引)もできるようになります。

また、こちらの取得によって次のステップとなる介護福祉士取得の受験が可能となります。

ステップアップできる「介護福祉士」

現場において専門的な知識や技術を活かして、身体や精神に障害を抱える人に対して適切な対処、その場合に応じた臨機応変な対応ができる人を要請するという目的のもと設立されました。

この「介護福祉士」になるには、厚生労働大臣が指定している養成施設を卒業し、業務に三年以上携わった上で国家試験に合格することが必要になってきます。

専門的な知識が身についている介護福祉士は現場の中核を担う存在として期待されており給料ももちろんアップします。

次の給料アップは介護専門員(ケアマネージャー)の資格で

次の給料アップチャンスはケアマネジャーの認定を受けたときです。この資格は2000年の介護保険制度の実施と一緒にして誕生しました。

ケアマネジャーは都道府県知事から認定を受け仕事を行います。

身体や精神が著しく不自由な利用者からの相談に応じることのできる相談援助専門職です。

取得するためには医師、介護福祉士、社会福祉士など保健医療福祉分野での実務経験が5年以上である必要があります。加えて介護支援専門員実務研修受講試験に合格し、研修を受講し終えたらケアマネジャーとして働くことができます。

具体的な業務としては利用者の身体状況、置かれている環境を分析した上で、ケアプランなどを作成し、他のサービスなどと連携するなどの調整役として力を発揮することです。

最後の給料アップのチャンスは新設の認定介護福祉士!

認定介護福祉士は2017年現在まだ正式に発足していないものですが、近く上級資格として設置される予定で給料ももちろんアップするものとなっています。

公益財団法人日本介護福祉会で検討されているもので、要件もまだ決まっていないですが、現場のキャリアアップ手段として注目されている資格になっています。

介護の現場で役に立ち給料アップにつながるその他の資格を紹介!

基本的な現場のキャリアアップの仕方を説明してきました。

しかし実際は利用者の心身の状態、家族構成、在宅か、施設か、などの様々な条件が作用しているので現場のニーズは様々です。

そのため、職場によって優遇されている資格も違いますし、給料も違ってきます。そこで職場によっては持っているとためになる、優遇されている資格を少し紹介していきます。

リハビリなどのエキスパート 理学療法士

リハビリなどの専門的知識を持っている理学療法士は優遇される可能性があります。

やはり施設などでは身体の自由が聞かない人お相手にしている場合が多いです。

他の職員にアドバイスなどがで、運動計画なども立てられる理学療法士のニーズはあります。

食事面でのサポートができる管理栄養士

続いては食事面での専門知識を持ち合わせた管理栄養士。

施設では食事まで一律で管理している現場が多いです。お年寄りの限られた食事量で、必要な栄養を取らせることのサポートができる回入り栄養士のニーズも高いですよ。

医療面での緊急事態に頼りになる看護師・准看護師

やはり介護の現場では医療の知識を持ち合わせている人が必要になっています。

看護師が一人いるだけでできる医療行為の範囲もかなり違ってきます。

このニーズももちろん高いです。かなり優遇してくれる可能性も高いといえるでしょう。

介護職での給料アップを目指す人へ

介護の現場は今よりもさらに注目を集める現場であり、最近は国からの支援条件も増えています。

この支援によって、給料も上がってくると考えられています。

加えて上記に上げた認定介護福祉士のような新設のものもまだ出てくるでしょう。様々なキャリアアップが望める業界になってくると思うので、自分にあったものを選択していくことが大事になってくるのではないでしょうか。

関連する他の記事

マイナンバー制度の介護でのメリット
マイナンバー制度が導入され、介護業界にどのようなメリットをもたらしているのか紹介します。マイナンバ…
ナイス!介護スクールは実質無料で初任者研修が取れる
ナイス!介護ではスクールを運営しています。詳しい受講方法とキャッシュバック条件について説明。
介護職から転職するのに最適な時期やタイミングは?
介護職から他の仕事に転職を考えている方!本記事ではいつ転職するべきかという時期を紹介しています。転…
ホワイト介護施設に転職する!優良企業の定義や情報の得方
介護職がホワイト施設に転職するのは可能なのか。どのようなところなら優良施設だと言えるかもご紹介。介…
ページ上部に戻る