TOP > 介護施設別の転職情報 > 介護福祉士の病院求人の仕事内容から給与や条件まで!

介護福祉士の病院求人の仕事内容から給与や条件まで!

このエントリーをはてなブックマークに追加
病院で働く介護福祉士のイメージ

介護の職場には介護施設以外だけではなく、病院求人という選択肢もあります。特に介護福祉士の場合には、老人ホームに併設している施設だけでなく、完全な病院で働く方も多数います。

医療求人のいいところは介護職の平均よりも条件がいいことでしょう。もちろん場所にもよりますが、一般的に条件のよいところが多いです。

では、病院の介護福祉士の実態はどのようになっているのでしょう?

介護福祉士の病院での仕事内容

一般的な介護福祉士の仕事は、基本的な生活を送ることができるように介助を行うというものでしょう。介助の内容は食事、排泄、入浴、歩行など多岐に渡ります。医療の求人でも、仕事内容にそこまで差はありません。

しかし、少しアプローチの仕方は変わります。介護職以外の医者や看護師との連携がどうしても必要になります。

医療機関という点で、どうしても看護師が介護士をリードすることになります。人から指示を受けることになるので、キャリアの長い介護福祉士の方の場合は医療の求人に肌が合わないなんてこともあるようです。

医療での仕事内容は施設とは目的が違う

介護と医療では目的が違うことは覚えておいたほうが良いでしょう。介護の場合は利用者に快適に楽しく、人間らしい生活をしてもらうことが目的となります。

一方医療の場合は患者が体の不調を直すこと、つまり治療が目的です。

施設介護福祉士の場合は高齢者とのコミュニケーションを大切にして、楽しい生活を送ってもらえるようにします。しかし、医療求人の介護福祉士の場合は治療が目的なので、どうしてもコミュニケーションに重きを置くのが難しい部分があります。

また、治療が目的となるので、患者への制限が厳しいところも多数存在します。施設の場合は許されていた、糖尿病患者の軽い間食も、医療法人の場合は許されないということがほとんどです。

介護施設と病院での介護福祉士の給料の違い

多くの場合は病院の介護福祉士のほうが施設の介護福祉士よりも給料が高いという結果になっています。医療機関の場合は他業種も存在しているので、給与形態が職種に応じて確立しています。

介護福祉士の給与だけでなく、その他の条件にも差が出る場合が多いです。

また運営会社の違いも関係してきます。介護施設は基本的に社会福祉法人か一般企業によって運営されています。一方で病院は医療法人によって運営されています。

介護施設は立ち位置的に、学校法人や宗教法人と同じです。「公益法人」ともいい、もし法人を解散することになったら、残った財産を国に返さなければならないのです。この制度のため、ボランティアのような運営をしている介護施設も少なからず存在します。これらの背景から、医療法人の方が利益を追求しやすいようになっています。潤沢な資産があるので、医療法人のほうが介護福祉士の給与は良い可能性が高いのです。

介護福祉士の給与だけでなく条件も良い

一般的に介護福祉士の福利厚生や有給消化などの労働条件が良いところが、施設よりも医療機関のほうに多いです。これは介護施設に対して病院のほうが大手が多いことに由来します。看護助手として介護福祉士を雇う場所は大抵の場合大手となります。あまりに小さい医院では看護師でまかなってしまいますものね。もちろん、すべての求人が大手というわけではないので慎重に探す必要はあります。

大手というのは経営が安定していますし、人も多いため、自然と労働条件がよくなっていきます。介護福祉士の有給消化率も病院求人のほうがよくなっています。

介護福祉士は病院では出世は望めない

医療系の求人の特徴として、出世が望めないという部分もあるでしょう。やはり、病院の目的は医療。介護ではありません。そのため、より専門的に医療行為をできる医療職が責任者や管理職を勤めることになります。介護福祉士から管理職にキャリアアップしてくのは難しいと考えたほうがいいでしょう。

介護施設の場合はケアマネジャーなどの資格をとって現場から離れることもできます。介護福祉士として出世コースに乗ればエリアマネージャー、最終的には施設長になることも可能です。

自分が介護職とどう向き合っていくかによって、どちらで働くほうがよいかは変わってきます。生涯介護業界で働くつもりはないという場合ははじめからある程度の給与がある医療施設のほうがいいかもしれませんね。逆に言うと、ずっと介護業界で働いていき、介護福祉士からキャリアアップもしていきたいと考えている場合は、介護施設のほうがいいと言えるでしょう。

介護福祉士の病院求人のおすすめ探し方

一般的には大手の求人のほうが待遇が良いと言われています。実際に働いている人から声を聞いてもやはり今までの看護師の方の頑張りか、介護職まで待遇がいいところが多いようですね。

しかし、介護福祉士として働く場所を待遇だけで選ぶのは非常にリスキーです。やはり職場の人間関係や、内部の環境などが一番重要な事項になります。

求人の内部情報は、ハローワークなどで見つけるのは難しいかもしれません。そんなときは転職サイトを利用することをおすすめします。

介護の専門エージェントならば、内部の情報に詳しい場合がほとんど。転職に関する相談にも乗ってくれます。本気で病院への転職を考えているならば、転職エージェントを利用したほうがいいでしょう。

関連する他の記事

介護職のUターン転職メリットデメリット!成功法も紹介
Uターンで介護業界に転職する際に気をつけておきたいポイントをまとめてみました。Uターンを考えている介…
介護福祉士の実際の仕事って?身体・精神サポートから医療行為までさまざま
介護福祉士の仕事について、身体介護、生活のサポートを中心に細かく説明。円滑な業務遂行に必要な能力ま…
ナイス!介護スクールは実質無料で初任者研修が取れる
ナイス!介護ではスクールを運営しています。詳しい受講方法とキャッシュバック条件について説明。
医心館の仕事内容や年収は?施設の特徴を徹底解説
医心館は、ターミナルケアを行う介護施設です。入居者の体、心、生活のケアが介護スタッフの主な業務とな…
ページ上部に戻る