TOP > 介護転職のコツ > 介護職の優良求人が急増するのはいつ?転職が有利に進む時期とは

介護職の優良求人が急増するのはいつ?転職が有利に進む時期とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
介護職の優良求人が急増するのはいつ?転職が有利に進む時期とは

転職をする時によく悩むのが、転職の時期ですよね。

「転職したいけれど、いつが一番いいのだろうか」という悩みは多くの方が抱えています。

今回はそんな転職の時期に悩む方のために、

  • いつが一番に介護職の求人が多いのか?
  • いつ優良求人が多くなるのか?

という2点について主に書いていきます。

介護職の転職を考えている方は、一度読んでしっかり知識をつけておきましょう!

介護職の求人が急増する時期とは?

どうせ転職するならば、なるべく求人が多くなる時期が良いのは当然です。

選択肢が増えることで、自分の職場を選べる可能性が高くなります。

では介護職の募集が多くなる時とはいったいいつなのでしょうか?

一般的な職業と比較しながら説明を行っていきます。

一般的な職業の求人が増える時期とは?

  • ボーナス退職後の補充
  • 事業拡大のための補充
  • 上半期の業績に応じた補充

基本的に以上の3つの理由から人員の採用は行われます。

ボーナス後の補充は7~8月、1~2月の年2回行われます。

事業拡大などのための採用は2~3月、上半期の業績に応じた採用は9、10月になることが多いです。

これが一般的な職業での募集が増える期間です。

基本的に介護職でもこの期間は大きくは変化しません。

特に介護職の求人が増える時期とは?

介護職の転職を狙う場合に募集が特に増える期間は、ボーナス後の7~8月、1~2月の年に2回となります。

介護職は特に離職率の高い職業なので、ボーナスをもらってからすぐに退職するということが多いです。

さらに人員がいないと回らない職場なので、人をすぐに補充する必要があります。

よって他の職業と比べても特にボーナス後の期間に募集が多くなります。

できるだけ多くの選択肢から選ぶことを重視する方はこの期間を狙いましょう!

介護職の優良求人を狙うならこの時期

選択肢が増えることは確かに重要です。

しかし豊富な選択肢の中から、優良な介護施設を選ぶ自信がないという方もよくいらっしゃいます。

介護施設の雰囲気などを就職する前に知るには、入念なリサーチが必要になります。

そんな方のために優良な募集が多い時期を紹介します。

優良求人の比率が高くなる時期とは?

優良な募集が比較的に多くなると一般的に考えられているのは、2~3月の期間となります。

事業拡大や新規事業開拓のために、普段はあまり人員を募集していない施設が募集を出すことがあります。

それが狙い目の求人です。

普段あまり人員募集をしないということは、離職率が低く頻繁に募集を出す必要がないということです。

しかし事業拡大などを理由に新しい人員を採用します。

さらに経営面からも事業拡大や新規事業に進出する余裕があるということが伺えます。

そのためこの期間が狙い目になっています。

本当に優良求人かどうかを見極める

狙い目である2~3月にあるからと言って、それが優良な募集であるとは限りません。

逆に地雷の職場である場合もあります。

大幅に事業拡大を行う場合には、元々いる職員も新しい現場に混乱している場合があります。

このような介護施設では、通常業務以外の仕事が重くなる傾向があります。気をつけましょう。

ある程度、期間によって募集の種類を見分けることはできます。しかし最後には自分の手と足を使い、新しい職場である介護施設をしっかり確認することを忘れないようにしましょう。

最後はやはり自分のタイミングが重要

介護職の転職の期間を決める際、最後に最も重要になってくるのは自分のタイミングです。

結局は自分が「転職したい」と考えた期間に転職をするのが一番なのです。

確かに介護職の募集は時期によって、数や優良求人の比率が変化します。

しかし基本的に人員が足りていないため、他の職業に比べて常に募集が一定数あります。

そのため「すぐに転職したい」となれば、急いで転職することだって可能です。

募集が増えるからといって、無理にボーナス後や事業拡大の期間に合わせて転職するのは絶対にやめましょう。

自分が転職をする意味をしっかり考え、プライベートの事情も含めて、最適なタイミングを考えることが重要です。

さらにそのタイミングがボーナス後や事業拡大期間に合わせられればベストですね。

知識をつけて最適な時期に転職をしよう!

介護職の転職を行う上で重要になってくる時期の選択について詳しく書いてきました。

具体的に想像できるようになっていただけたでしょうか。

もう一度はじめから以下にておさらいしておきます。

介護職の募集が増える時期はボーナス後に退職者が増える期間、上半期の業績を反映して新規採用を行う期間、事業拡大期間や新規事業開拓のために採用を行う期間の3つに大きくわけられます。

選択肢をなるべく増やして、自分の好きな職場を選びたい場合には以上の期間に転職を行いましょう。

優良求人が多くなる時期は新規事業や事業拡大のために、普段あまり募集していない優良な職場が求人を出す2~3月が狙い目です。

以上の知識を活用して、ストレスフリーな転職を行いましょう。

関連する他の記事

介護職の転職は何歳まで?介護職に転職できる年齢と将来性
介護業界の平均年齢は45歳と決して若くなく、年配でも十分に活躍できる仕事ということが分かりました。そ…
介護職に向いていない人の転職先は何がいいのか
介護職の仕事を現在しているが怒らればかり、うまくいかないなどの理由から向いていないのではないかと考…
介護のバイト面接に受かるコツとは
一般的な面接の常識や介護職だから聞かれることなど、介護のバイト面接のコツをすべてお教えします。本番…
ページ上部に戻る