TOP > 介護求人・転職コラム > 50代からの介護士~気を付けるべきこと~

50代からの介護士~気を付けるべきこと~

このエントリーをはてなブックマークに追加
50代女性の介護士
介護職への転職を考えている50代の方々!

今回は介護職についての網羅的な情報について説明していきます。

ほかにも、資格にまつわること、給料に関すること、ブラック企業にあたらないための方法などを述べています。

50代での転職に不安を持っている方、どのようなポイントがあるのか知りたい方は読んでみてくださいね。

そもそも介護士ってどんな仕事?50代でもできるか

他業種からの転職の場合や、今まで働いて来なかった方が働こうと思った場合、そもそも介護の仕事ではどんなことをするのかが気になりますよね。

そもそも介護士の仕事とは、以下のようなことをするものになります。

  • 身体介護

    代表的な仕事。着替え、食事、入浴、排泄の補助を行う。また、歩行や立ち上がりの補助を行うことも入る。

  • 日常生活のサポート

    食事準備、掃除、選択、買い物等のサポートをしていく。特に在宅、訪問介護の場合に行われる。

  • メンタル面のケア

    話し相手になる等。どの職種でも必要な仕事だが、特にデイサービス職員の場合はレクリエーション行う場合がある。

  • 相談や指導、助言

    利用者や利用者の家族への助言、指導を行う。道具の指導や自宅介護の注意などが主になる。

  • チームマネージメント

    管理職になると必要になるスキル。後輩への指導やタスクの管理など、マネジメントを行う。

介護職の仕事はこんなことをしているんですね。

自分が働くイメージがなんとなく出来たでしょうか。

施設によってやることは変わっていくので、しっかりと調べて就職するようにしましょうね。

50代でもできるの?

結論から言うと、介護士の仕事は50代でもできます。

体力的につらいのではないかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、それはどの年代でも一緒。

むしろ、さまざまな経験をして忍耐力がついた50代の方のほうが長続きする可能性もあります。

先日、かつて営業職の数字、成果主義に疲れ果てて介護職に転職したという男性のコメントを見つけました。

「目の前の人に尽くすことでお金が貰えるし、やりがいを感じる。介護職になってよかったと思う」

このように培ってきた前職の経験があるからこそ、やりがいを感じられる人も多くいらっしゃいます。

50代の人生経験は強みです。

転職に際して恐れることはありませんよ。

転職したものの、資格がない場合はどうなるの?

資格を取ると言ってもお金が結構かかりますよね。50代にもなると取得してから働くというのは現実的に難しいという人も多くいると思います。

そこで、資格を持ってないままで働くことはできないのか、と思う人がいることでしょう。

その疑問に対しては、本人の意思次第でもありますが、パートとして働ける場所は数多くあります。

しかし、最初のうちは右も左も分からない状態だと思うので、基本からきちんと教えてくれるところにいくべきでしょう。

また、最初のうちは仕事を覚えることで手がいっぱいになってしまそうですが、それと同時に仲間との人間関係も築き上げていくこともかなり大切です。

介護はさっきも書いたように人間関係の厳しい世界です。良好な人間関係を築き上げていくことが長く続けられる秘訣だと言えます。

少しネガティブな面を多く書きましたが、介護の仕事を実際に体感しておくというのは、貴重な経験になります。

なおかつ資格を取得することができれば鬼に金棒です。

給料はいくらもらえるのか

いくらもらうことができるのかというのは、転職するうえで1番気になるところでしょう。厚生労働省の労働統計によると、月額233,400円となっています。

これは警備員やタクシーの運転手と同じくらいのお給料です。正直少ないと思う人は多いでしょう。

前に働いていた企業と比べてしまったら一層感じてしまうことでしょう。

介護の現場では最低賃金からスタートするのが当たり前です。いくら50代までバリバリ働いて転職しようが、前職の成果を考慮されることはほとんどないです。

あと、もう一つ給料について気を付けておくべきことがあります。介護職員の給料は1回およそ5000円ですが夜勤手当というものが存在します。

なので、夜勤に参加すればするほど給料は上がることになります。もしお金が本気でほしいならば仕事を早く覚えて、積極的に夜勤に参加することが大事だと言えるでしょう。

実際に就職はしやすい

介護業界は慢性的に人手不足なので、有効求人倍率はおよそ2倍前後です。

それだけ多くの仕事がありポストも残されているということです。なぜそんなにも仕事があるのでしょうか。

理由はどんどん人が辞めていくからなのです。なのでそれだけポストが空いているのです。

事実、介護の仕事が楽だとは言えません。実際の仕事内容とイメージに大きなギャップを感じてしまうこともあるでしょう。

そして、ブラック企業が存在するというのも事実です。

どうせ転職するならば、ブラック企業で働きたくはないですよね。そこで、ブラック企業を見抜くコツを紹介しようと思います。

注目すべきことは3点!

まずは、施設見学を必ずしましょう。

ホームページだけを見てみても、実際には雰囲気や、どんな人がいるのかなどよくわからないことだらけです。

その施設見学でチェックすべきことは、掃除がきちんと行き届いているかどうか、です。

これを見ることによって、きちんと掃除することまで人手が足りているか、そして、ちゃんと掃除用具など設備投資ができているのか把握することができます。

そして、最後には職員の人当たりです。

例えば、挨拶などできているか?それだけで企業の雰囲気は分かるはずです。

笑顔でこんにちはと言ってくれるだけで、気持ちに余裕はありますし、職場環境が苦ではないことを示しています。

以上3点に注目してみてください。

まとめ

介護士へ転職する方の手助けになれたでしょうか?

50代になって転職するとなると最初は家計は厳しいし、肉体的にも精神的にも大変なことは多いことでしょう。

しかし、さっき述べた通り、介護業界は慢性的に人手不足です。

常に人に求められている尊い職業だとも言うことができるのです。

人生でさまざまなことを体験してきた50代の方だからこそ見つけられるやりがいが必ずあります。

少しでも転職を考えている方はきっと選択肢としていいものとなりますよ。

関連する他の記事

札幌の介護転職の傾向!給与や求人倍率住みやすさまで
札幌の介護求人の傾向は?給与・求人倍率・住みやすさ・Uターン転職にはどうか?などなど。転職をお考え…
介護職の転職でパートを選ぶ!理由や職場の探し方
介護職パートを転職先としてお考えの方!今記事ではパート介護スタッフの転職についてまとめています。よ…
ケアマネの受験資格が変わった!最近の変更点について
ケアマネ受験資格が最近になって変わり、注意すべきことを重点的に書きました。ケアマネジャーへの転職を…
介護事務の求人状況と求人の特徴を分析!
介護職員だけでなく介護事務員も不足しているのでしょうか。介護職員として働くよりも介護事務員として働…
ページ上部に戻る