TOP > 介護転職のコツ > 介護の転職を成功させる3つポイント!職場の探し方や優良求人の見極め方を紹介!

介護の転職を成功させる3つポイント!職場の探し方や優良求人の見極め方を紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加

高齢化の進行により、介護職の需要は年々増えています。

ですが、中には低待遇や悪条件の介護の求人も多く、転職をする際には注意が必要です。

そこで今回は、介護の転職を成功させるためのポイントを紹介します。

このポイントさえ押さえれば、はじめて転職する方や介護職に初挑戦する方でも介護の転職が成功するはずです。

せひ、参考にしてくださいね!

介護の転職は失敗が多い!

冒頭でも述べた通り、介護の転職には失敗が多いです。

よくある介護の転職の失敗例から学んで、介護転職の成功に生かしましょう!

よくある失敗例①:求人情報が実際と違った

働き始めてから、事前に聞いていた話と違っていた、という失敗は非常に多くあります。

残業の有無や給与待遇などの雇用条件が違っているということもあります。

面談や契約書にサインする時に確認しなかったことや、労働条件通知書をよく読まなかったことが原因で起こるようです。

また、人間関係良好という記載されていたが、実際には職場関係が良くなかったということもあるようです。

人間関係というものは職員の移動によって流動的なものであり、雇用条件と違い実際の人間関係がどうであれ良好であると記載できてしまいます。

事前に見学するなど、自分で確かめることが重要です。

よくある失敗例②:業務内容が想像と違った

想像していた業務内容と実際に担当する業務内容が違っていた、という失敗もよく耳にします。

介護サービスは、入所型、通所型、訪問介護など様々な種類があります。

そのため、実際の業務内容も介護サービスやさらにはケアマネージャー、ヘルパーといった役職によっても大きく変わります。

求人を探すときに給与や条件に重点を置きすぎてしまうと、意としていない業務を担当してしまうことがあるので、注意が必要です。

求人の探し方

介護職の求人の探し方は大きく分けて2つあります。

どちらもメリットデメリットがあるので、上手く使い分けてみてください。

ハローワーク・求人サイトで探す

一つ目が、ハローワークや求人サイトを使って自分で介護職の求人を探す方法です。

会員登録もなく、簡単に求人が検索できるので、そこまで転職する意欲がなくて、ちょっと他の求人を見てみたいという方に向いています。

ただし、ここで調べられる求人は玉石混交なので、自分で良い求人かどうかを見極める必要があります。

また、当然自力で調べるので、面接の準備などすべて自分でおこなう必要があります。

転職サイトを使う

もう一つの方法が、転職サイト、転職サービスを使うというものです。

こちらは、会員登録をして転職エージェントから求人を紹介してもらうという方法です。

希望の条件を伝えると、それにあった求人をいくつか紹介してもらえるので、自分で求人を絞る必要はありません。

また、求人の紹介だけでなく、面接の練習や転職後のアフターサポートまでしてもらえるところも多いです。

ただし、利用する転職サイトによって、求人の質、量、転職サポートの質が変わってくるので、利用する転職サイト選びには注意が必要です。

転職サイトを使って、転職サポートを受ける

大きく2つの介護職の求人の探し方を紹介しましたが、断然おすすめなのは転職サイトを利用する方法です。

介護の転職で失敗する多くの例が、自分で求人を絞って希望に合わない求人を選んでしまうことです。

特に転職の経験が乏しい方は、いわば転職のプロである転職エージェントを利用する方が無難です。

紹介してもらえる求人の質に不安がある方は、転職サイトを複数利用して比較検討するのもおすすめです。

ほとんどの転職サイトが無料で利用できるので、ぜひ転職サイトを使って転職活動をすることをおすすめします。

良い職場を見極めるコツ

自分で求人を探すにしても、転職サイトで紹介してもらうにしても、最後は自分で求人を見極めなければなりません。

良い職場を見極めるためのコツを意識すれば、転職を失敗してしまうリスクを大幅に下げることができます。

離職率の低さを見る

離職率が高い職場というのは、あまり良くない職場である可能性が高いです。

その職場になんらかの不満を感じて退職した可能性が高いです。

特にそうした職場では、職員の勤続年数が短いことが多いです。

求人先で働いている人と話す機会があれば、やめていく人はどれくらいいるのか、どれくらいの期間続けて働いているのかを確認すると良いでしょう。

給与以外の待遇が充実しているか

求人を探す際に一番気になるのが、給与だと思いますが、給与以外の待遇や労働条件が整っているかをチェックすることが重要です。

給与が良くても、長時間の残業込みの給与だったり、各種手当がなかったりすることがあります。

給与以外の待遇や福利厚生が整っている職場であれば、ハズレの求人である可能性は低くなります。

介護転職を成功させよう!

転職には不安やリスクがつきものです。

ですが、これまでに紹介したポイントを意識すれば、転職の成功率をグッとあげられるはずです。

ぜひ、介護の転職を成功させて、思い描くキャリアを成功させましょう。

関連する他の記事

介護職に向いていない人の転職先は何がいいのか
介護職の仕事を現在しているが怒らればかり、うまくいかないなどの理由から向いていないのではないかと考…
ふるさとホームの仕事内容や福利厚生について知りたい!そんな方に役立つ情報をご案内します
ふるさとホームでは、介護機能付き高齢者住宅などで働くスタッフを随時募集しています。身体的なケア行う…
デイケア介護職の仕事とは?概要からタイムスケジュールまで
介護職が良いけどどこが迷っている、デイケアってどんなところなのか分からないという方は是非見て参考に…
介護事務管理士の仕事と必要な資格について
介護事務管理士とはなにかということと、仕事内容と必要な資格、また現状と今後の展望について詳しく紹介…
ページ上部に戻る