TOP > 介護転職のコツ > 介護職の転職は厳しい?履歴書の書き方とおすすめ転職法

介護職の転職は厳しい?履歴書の書き方とおすすめ転職法

このエントリーをはてなブックマークに追加
悩んで上を見上げる介護職の女性

みなさんこんにちは。

今回の記事は、転職を考えている介護職の方々に向けての記事となっております!

みなさんは職場を変えることについてどのようなイメージをお持ちでしょうか。

なんだか後ろめたいものだ、勤めた会社をやめるのはちょっと…などと抵抗がある人も多いんです。

そんなイメージもたしかにありますが、転職は全くネガティブなことではありません。

「もっと自分が活躍できる場所がある」「より良い条件の職場で働きたい」といった理想は持って当然のものなのです。

そこで、そんなみなさんの理想のお仕事探しをお手伝いするために、様々な疑問にお答えできたら幸いです!

介護職からの転職は厳しい?

まずみなさんが懸念するであろうことは、「介護職から仕事を変えるのは厳しいイメージがある」ということでしょう。

介護職が転職するのは、実際厳しい場合も多いようです。

しかし、皆様に誤解して頂きたくないのは、むずかしいのは介護職から他業界にお仕事を変える場合に限るということです。

このことは介護職に限ったことではありません。

自分が経験してきたことを他の業界でも活かしたいと考えた場合、むずかしいこともあります。

例えば、介護職というのは会社から利益をだせと言われる、営業をするなどといったことはありません。

しかし、多くの会社では利益を求められ、何かしらの成果で判断されることが多いですよね。

そうなると、介護職を通して培った能力が活かせないという事態に陥ってしまうのです。

事務職への転職が主流?介護職から他業種への転職

ちなみに、女性の介護職の転職で一番多いパターンは、事務職への転職です。

事務職といっても様々で、大企業の事業会社の事務職や、介護施設系の事務・医療事務などもあります。

しかし、事務職は人気が高く、求人は倍率が高いのが現状です。

そんな高倍率のなかで、「事務職未経験の人」と「事務職経験がある人」とでは、やはり経験者の方が有利である場合が多いです。

実際には事務職以外でも、人気の職業は基本的になりたくてもなれないものが多いです。

成れるとしても、アルバイトから経験を積んだりする必要がある場合がほとんどになってしまっています。

同業他社で仕事を探すのが得策!

他業種へ仕事を変えるのがむずかしいと聞いても、仕事を変えたい思いが抑えきれないという場合もあると思います。

介護の職場で働いていて、「給料が低い」「労働環境が合わない」と現状に不満を持っている方は多くいらっしゃいます。

冒頭でも述べた通り、今の職場に対し不満を感じ、状況を変えたいと思うことは全く悪いことではないです。

最も効率的かつあなたが培ってきた能力を活かすために有効なのは、同じ介護職で仕事を探すことでしょう。

同じ介護職でも今の職場よりも良い、あなたに合った職場環境は、あなたが知らないだけで必ずあるはずです。

介護職というのは、高齢化社会の影響もあり、この先も需要がある職業です。

知識がない、あるいは薄い新しい業界に飛び込むのではなく、自分のフィールドで仕事を選ぶのがいいのではないでしょうか。

どうやって転職先を探せばいいの?

実際に、仕事を変えるのを考えるにあたり、どうやって新しい職場を見つけるかが問題になります。

安心してください。

介護職の仕事を紹介しているサービスは多いです。

求人サポートを行っている企業では事業者の評判について教えてくれるところもあります。

自分が希望する働き方や、労働条件について相談すれば、あなたに合った就職先を提案してくれるのです。

重要なことは「自分がどういう条件で働きたいか」「将来どのようになりたいのか」といった具体的なキャリアプランをもう一度じっくり考えることです。

そうすれば、自ずとより良い就職先が見つかるはずです。

履歴書はどうすればいいの?

介護職の履歴書も、基本的な事項はどの職業のものとも一緒です。

正社員や契約社員として働いた経験があるのなら、それらをすべて記入します。

また、何か役職についていた場合には、それも記入します。

自己PRや志望動機は抽象的なことではなく、具体的なエピソードを書くことが望ましいです。

「やる気があります」とただ書いてある履歴書よりも、

「こういう経験があり、私はこういう風に判断し、こういう能力が身につきました。そこで、この能力を〇〇に活かしたいです」

などと具体的である履歴書の方が絶対にいいですよね。

どのような実績があり、それが新しい職場でどう活かせるのか、具体的なエピソードを織り交ぜることで履歴書の自己PRや志望動機の欄にぐっと説得力が増します。

仕事について考えるのは人生を見直すいい機会

今回は、介護職の転職をテーマにしてきました。

介護職から介護職への転職について主に書きましたが、もちろん他業界に全く就職できないというわけではありません。

すこしハードルが高いというだけです。

しかし、自分が今までやってきた経験と知識を存分に活かすことができれば、それは新しい職場でいいスタートを切れることにつながります。

転職というのは自分のキャリアプランや人生設計を見直すいい機会です。

今まで職場を変えることを考えたことがなかった人も、今の職場で苦しんでいる人も、是非考えてみてください!

関連する他の記事

介護職のUターン転職メリットデメリット!成功法も紹介
Uターンで介護業界に転職する際に気をつけておきたいポイントをまとめてみました。Uターンを考えている介…
職業訓練給付制度を利用して介護職に就こう
介護の資格をとりたいと考えている人のために、あまり知名度は高くありませんが便利な教育訓練給付制度に…
介護業界で転職する際の決め手とは?失敗しない仕事選び
介護の転職をする際に何が決め手になるのか。失敗しないための転職を伝授します!介護の転職を考えている…
介護職に向いていない人の転職先は何がいいのか
介護職の仕事を現在しているが怒らればかり、うまくいかないなどの理由から向いていないのではないかと考…
ページ上部に戻る