TOP > 介護転職のコツ > 介護職への男性の転職!男でも転職ってできるの?

介護職への男性の転職!男でも転職ってできるの?

このエントリーをはてなブックマークに追加
介護職に転職した男性のイメージ

男性の介護職ってあまり聞いたことないなと思う方は多くいるのではないでしょうか。しかし、最近では介護職員に転職する方が増えていることをご存知でしょうか。その理由として、近頃の利用者や、制度の変化があったことが挙げられます。男性であることのメリット・デメリットをご紹介していきます。

採用側も喜ぶ!男性職員のメリット

女性ばかりの職場だし、男性に出る幕なんてないのでは?と思うかもしれません。しかし、実は施設側でも男性介護職員の需要が大いにあるんです!

以下に男性職員を施設がとるメリットを挙げていきます。これらは面接時のアピールポイントにもなります。

わざとらしくなってはダメですが、転職時に意識してみると良いでしょう。

力仕事ができる

最近では力を必要とする仕事が増えているんです。介護施設に関する制度が改正されたことにより、症状の重い利用者が増加したのです。寝たきり等の利用者です。

これにより、女性の力では間に合わない業務が増えたのです。オムツ交換や食事などの被介護者が自分の力で動ける業務に比べ、力の必要になりました。介護従事者の方が腰に持病を抱えてしまうケースも少なくないので、どれだけ力が必要になるのかがわかりますね。これは職業病とも問題視され、検診を義務付けられるようになったほどです。車いすへの移動や、入浴の際に必要になるのが男性の力なのです。

近年では、トイレに行けるようにするためのプランを取り入れている施設が増えているために、片腕で利用者を抱え、もう片方でズボンを下げてあげるなど、力仕事が増えています。また、雑務などもこなす場合も少なくありません。施設内の掃除や、利用者送迎のために、バスの乗り降りなど必要とされるようになりました。

このように、力という観点からみて、男性介護職員は必要な存在なのです。

男性介護職員を好む方も少なくない

施設利用者は女性がとても多いのです。平均寿命や、意地などが理由とされています。男性職員が増えてきたことにより、異性を好む利用者が増えてきたのです。例として、女性職員の言うことは聞かないのに、男性職員の言ったことにはちゃんと応じる方もいるようです。

職場内の雰囲気が良くなる

女性だけの現場では、グループがいくつか存在していることが多いそうです。男性職員がいることにより、派閥のようなものができにくくなり、職場内のイジメなどの防止にも繋がるようです。職場に良い雰囲気をもたらす存在としても期待されるということです。

キャリアアップがしやすい!

もともと女性が多い介護職なので、女性がリーダーになるような環境です。しかし、育児や家事のことを考えて、その立場を嫌がる人も多いそうです。そこで、男性はその立場に抜擢されやすいのです。

利用者、その親族に頼りにされる

トイレの世話や、入浴の世話を受け持つことにより、感謝されることが多いのです。これまでは「女性がやって当たり前」といった感じのイメージだったのでなんとなくわかる気がします。

介護職に転職するなら覚悟して!デメリットも紹介

転職をするのならば、以下のことは覚悟しておいたほうがいいということも挙げておきます。他業種からの転職の場合、なおさら戸惑うことになります。今から知って、心しておきましょうね。

女性の中に混ざる

近年男性が増えているといっても、まだまだ女性職員が多いのが現状です。女性のルールに順応するのにも時間がかかりそうです。例えばハンガーのかけ方や、洗濯、ニオイなどで苦労することがあるみたいです。女性ならではの価値観や考えにうまく付いていければ問題はないですね!

劣等感を感じてしまうかも

見栄っ張りな生き物である男性にとって、誰もが羨むようなカッコイイ仕事に比べると、介護は「大変で、泥臭い仕事」というイメージがありますよね。カッコイイと言われるお仕事ではないかもしれませんね。身近に給料の高い仕事や、派手な仕事をしている人がいる方は、ふと劣等感を感じてしまうことがあるかもしれませんね。

家族サービスに時間を割けないことも

介護職に転職を考えている方で、現在土日休みの方は、今後今までのような生活を送ることは厳しいかもしれません。介護施設には、毎日24時間利用者がいます。土日に出勤することになるでしょう。もちろん、夏休みやお正月もしっかりお休みがあるか保証はできません。転職希望の方は、よく現場の話を聞いてから、働くか動か決めてほしいです。

頼られすぎに注意

介護職の男性は、先ほども記したように、非常に貴重で需要のある存在です。しかし、そのパワーや、頼りにできる部分に依存されてしまうことに注意していただきたいです。メリハリのしっかりとした職場を選ぶことが得策です。

まとめ

いかがでしたか?メリット・デメリットをみてどのように感じましたでしょうか。介護職というのはまだまだ女性の多い職業です。介護職に転職を考えている方は戸惑うことも多いかと思いますが、興味があるのなら、一度前向きに考えてみてはどうでしょうか。それから、転職するかどうか最終的な判断を下すことをオススメします。

女性社会に男性が入っていくことは不安が多いと思いますが、メリットが多く存在していることは事実です。男性だから感じることのできるやりがいやチャンスがゴロゴロ転がっています。初めは慣れないことばかりでツライことばかりと思いますが、慣れると仕事に対するやりがい、誇りを感じることのできる職業です。男性介護職は非常に貴重です。前向きに考えている方はぜひ挑戦してみてください!

2017.09.21
介護職の男はモテない?そんなことないんです!意外にも介護職の男性は女性から魅力を感じられる要素をたくさんもっています。モテる介護職の男の特徴や、恋愛事情を明らかにしていきます!

関連する他の記事

児童発達支援管理責任者の仕事内容
児童発達支援管理責任者という仕事を聞いた事ありますか。今回は仕事内容や必要な資格を徹底的に分析して…
介護職における代表的な転職理由
深刻な人手不足に陥っている介護業界に関して、なぜ多くのスタッフが毎年辞めてしまうのか、代表的な介護…
介護の求人を探そう!石川県の施設ではどんな感じで働ける?
介護職として働こうかお考えの石川県の皆さん!本記事では石川県の介護職の実情を包み隠さずお伝えします…
介護職を円満退職する方法!準備から伝えるタイミングまで
仕事を辞める理由は、人間関係や労働環境や家庭の事情など人それぞれあります。辞めることを伝えるのは、…
ページ上部に戻る